書籍検索結果 詳細表示

書名

臨床のための脳局所解剖学

筆頭著者

宜保浩彦・他編著

その他著者等

外間政信/大沢道彦 著/小林茂昭 校閲

出版社名

中外医学社

ISBNコード

ISBN978-4-498-02948-4

発行年

2000年5月

判型 / 頁数

AB判 / 220頁

分類

臨床医学系/脳神経外科

価格

定価(本体20,000円+税)

内容

雑誌「CLINICAL NEUROSCIENCE」に106回にわたって連載された「臨床に必要な局所解剖学」を内容別に再編成し,加筆した待望の書.
1項目を見開き2頁にまとめ,明快なカラーイラストにより局所解剖の知識を簡明に解説している.
神経系の日常臨床に,また手術時の局所解剖の知識を得るための必携の書である.


神経学,特に臨床神経学を学ぶ,あるいは専門とする臨床医にとって中枢神経系の解剖,すなわち脳の局所解剖学は,病巣の診断および治療のため必要不可欠です.しかし,臨床神経解剖学の大御所の一人であるJohanes Lang 教授(University of W殲zburg,Germany)が“Anatomy is extremely necessary,but not at all easy.”と述べておられるように,神経系の解剖学は複雑で,理解,記憶するのが困難です.
また昨今,中枢神経系の画像診断の進歩,脳神経外科における手術用顕微鏡下手術および血管内手術の普及などにより,従来の巨視的な肉眼解剖と異なり,より詳細な解剖学的知識,特に,詳細,精緻な局所解剖が臨床の現場で必要となってきました.
本書の特徴は,今までの神経解剖の成書では余り詳しく記載されていない臨床に必要な解剖学的事柄について,イラストを活用して簡潔明瞭にまとめ,理解しやすい内容になるように心がけた点です.特に脳血管,脳神経あるいは頭蓋内の構造物について歴史的に広く認められている解剖学的記述をreview し,一部,著者らのデータを付け加え,図や表を多くして視覚的に理解しやすいように配慮しました.例えば,1 mm 以下の穿通枝動脈 perforating artery の親血管からの発生部位や分布,穿通枝動脈の脳実質への入口部にあたる有孔質について,あるいは海綿静脈洞の壁についてのイラストなどに,本書の特徴が出ていると思います.
本書は,1991年3月から1999年12月まで合計106回に渡り,雑誌「CLINICAL NEUROSCIENCE」(中外医学社)に連載した内容を,刊行に際してすべてを再検討し,一部修正または手直しを加え,一冊にまとめたものです.主に3名(宜保,外間,大沢)で執筆しており,全体にわたって可能な限り統一性および完璧を期したつもりですが,誤りがあれば著者らの責任であり,ご一報いただければ訂正したいと存じます.
本書が,中外医学社よりすでに刊行され好評を得ている『臨床のための神経機能解剖学』(後藤文男,天野隆弘 著)と同様に,中枢神経系に関係する分野の研修医,レジデントを含む臨床医(脳神経外科,神経内科,神経放射線など)あるいは神経学に興味のある学生諸君に有益であり,幅広い支持を得られるならば幸いです.
最後に,御多忙にもかかわらず,この本の出版に御援助,御尽力いただいた中外医学社「CLINICAL NEUROSCIENCE」編集部中田久夫氏,および担当各位,素晴らしいイラストを書いていただいたイラストレーターの大熊 伸氏に深謝の意を表します.
2000年4月
宜保浩彦
外間政信
大沢道彦

目次

目次

WILLIS動脈輪前半部の動脈
 内頸動脈の分類とその分枝  2
 後交通動脈  4
 後交通動脈の穿通枝  6
 前脈絡叢動脈  8
 内頸動脈の穿通枝  10
 中大脳動脈(M1)の穿通枝  12
 中大脳動脈皮質枝  14
 前大脳動脈(A1)とその穿通枝  16
 前交通動脈とその穿通枝  18
 Recurrent artery of HEUBNERとその灌流域  20
 前大脳動脈皮質枝  22

WILLIS動脈輪後半部の動脈
 後大脳動脈近位部(P1)の中心枝  24
 後大脳動脈遠位部の中心枝  26
 後大脳動脈皮質枝  28
 上小脳動脈近位部および中心枝  30
 上小脳動脈遠位部  32
 前下小脳動脈  34
 後下小脳動脈  36
 脳底動脈の中心枝(穿通枝)とその灌流域  38
 椎骨動脈の穿通枝とその灌流域  40
 前脊髄動脈  42
 後脊髄動脈  44

有孔質の解剖
 前有孔質 anterior perforated substance  46
 Lateral perforated substance  48
 後有孔質 posterior perforated substance  50
 有孔質のまとめ  52

眼窩およびその近傍の解剖
 内頸動脈窩  54
 眼動脈の分枝(眼窩内眼動脈)  56
 眼動脈の起始と走行  58
 眼窩およびその近傍の静脈  60
 上眼静脈の走行  62

脳下垂体に分布する血管
 Supraclinoid portion内頸動脈  64
 海綿静脈洞部内頸動脈  66
 脳下垂体に分布する血管のまとめ  68

静脈洞
 上矢状静脈洞  70
 下矢状静脈洞  72
 直静脈洞  74
 蝶形頭頂静脈洞 sphenoparietal sinus  76
 静脈洞交会  78
 横静脈洞  80
 S状静脈洞  82
 上および下錐体静脈洞  84
 後頭静脈洞  86

海綿静脈洞
 海綿静脈洞と蝶形骨洞との関係  88
 海綿静脈洞部内頸動脈  90
 静脈路とその疾患  92
 海綿静脈洞と脳神経との関係  94
 海綿静脈洞外壁  96
 海綿静脈洞上壁  98
 海綿静脈洞後壁  100

後頭蓋窩の静脈
 その名称およびtentorial sinus  102
 上部またはGALEN静脈還流群  104
 前部または錐体静脈還流群  106
 後部または天幕静脈洞還流群と後頭蓋窩底部の静脈洞  108
 後頭蓋窩の静脈のまとめ  110

主な静脈
 導出静脈  112
 LABBE脈  114
 TROLARD静脈  116
 GALEN静脈  118
 脳底静脈 (basal vein of ROSENTHAL)  120
 Superficial middle cerebral vein(superficial sylvian vein)  122
 Septal vein  124
 Thalamostriate vein  126
 静脈角 venous angle  128
 内大脳静脈 internal cerebral vein  130

表在性皮質静脈
 前頭葉の静脈  132
 頭頂葉の静脈  134
 側頭葉の静脈  136
 後頭葉の静脈  138
 表在性皮質静脈の流出路  140

脳室系の解剖
 側脳室前角部…(1)  142
  〃    …(2)  144
 側脳室下角部…(1)  146
  〃    …(2)  148
 側脳室後角部…(1)  150
  〃    …(2)  152
 第三脳室…(1)  154
  〃  …(2)  156
  〃  …(3)  158
  〃  …(4)  160
 第四脳室底部…(1)  162
  〃    …(2)  164
 脳室壁に分布する血管
  medial posterior choroidal artery  166
  lateral posterior choroidal artery  168
  anterior choroidal artery  170
  第四脳室  172

脈絡裂とSYLVIUS裂
 側脳室脈絡裂
  脳室,脳槽との関係  174
  体 部  176
  三角部  178
  下角部  180
 Sylvian fissure  …(1)  182
   〃…(2)  184

大脳と小脳
 大脳半球
  前頭葉  186
  側頭葉  188
  頭頂葉  190
  後頭葉  192
 小脳…(1)  194
  〃…(2)  196

頭蓋底と天幕切痕
 破裂孔  198
 内耳道  200
 頸静脈孔
  頭蓋骨および硬膜との関係  202
  神経との関係  204
  血管との関係  206
 天幕切痕…(1)  208
  〃  …(2)  210
  〃  …(3)  212

欧文索引  214
和文索引  218