書籍検索結果 詳細表示

書名

面接法

筆頭著者

熊倉伸宏・著(東邦大学医学部教授)

出版社名

新興医学出版社

ISBNコード

ISBN978-4-88002-158-4

発行年

2002年1月

判型 / 頁数

B6判 / 124頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/心身医学・臨床心理学

価格

定価(本体1,500円+税)

内容

●心の相談のための面接法の解説書
どこでも、だれでもが受け入れるような常識的で基礎的な技法について、「人と人との出会い」という原点に立ち戻り論じられている。
読者は医師、臨床心理士、社会福祉士、看護者・保健婦、およびそれを専攻する学生、またそれらを教える人たちである。それ以外にも人間に強い関心を持つ方にご一読をお奨めする。

目次

はじめに
 この本の目的
 面接という体験
 心の専門家いろいろ
 この本の使い方
面接とは
 すぐれた面接
 面接という方法
 面接室と社会
 面接者が行うべきこと・行ってはならないこと
面接の実際
 「分かる」ということ
 初回面接
 面接のゴール
面接で得られる情報
 来談理由
 構造化された観察
 「見立て」
面接の構成要素
 五つの要素
 聞くこと
 問いを立てること
 見ること
 対等な出会い
 専門的関係
面接の展開
 分かること
 受け止めること
面接理論を学ぶこと
ケース・レポートを書くこと
 ケース・スタディとケース・レポート
 ケース・レポートの意味
 ケース・レポートの書き方
 実践:ケース・レポート