書籍検索結果 詳細表示

書名

心療内科における薬物療法 ―その変遷と展望

筆頭著者

筒井末春・著(東邦大学医学部心療内科教授)

出版社名

新興医学出版社

ISBNコード

ISBN978-4-88002-258-1

発行年

1998年2月

判型 / 頁数

B5判 / 122頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/心身医学・臨床心理学

価格

定価(本体4,500円+税)

内容

心療内科における治療のひとつとして薬物療法があげられるが、向精神薬である抗不安薬や抗うつ薬、およぴ睡眠薬が使用されることが多い。また近年、薬物の種類が多様化し、薬物の選択や使用法、用量はもちろんのこと、副作用、相互作用、依存性などにも精通していることが臨床上重要となっている。本書では、著者が主として手がけた治験結果を中心に、現在心療内科領域で使用されている向精神薬とともに、新しく登場する薬物についても詳説した。