書籍検索結果 詳細表示

書名

病跡学 ≪臨床精神医学講座 special issue S8巻≫

筆頭著者

福島 章・他編

出版社名

中山書店

ISBNコード

ISBN978-4-521-49361-9

発行年

2000年10月

判型 / 頁数

B5判 / 430頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/精神医学

価格

定価(本体30,000円+税)

内容

病跡学は,専門家ばかりでなく一般的にも「天才論」「天才と狂気」を掘り下げる興味深い学問領域として多くの読者を獲得してきました.今日では,そのアプローチは分裂病やうつ病などの代表的な病理学的考察から多様性を増し,いっそう様々な角度から人間の本質を照らすものとなってきています.本書は,臨床における人間理解に基本的かつ重要な示唆を与えてきた病跡学の進歩著しい今日の到達点を余すところなく詳説しています.

目次

1.総 論
A.精神医学史と病跡学の進化
B.表現精神病理学から芸術療法へ
C.病跡学から音楽療法へ
D.病跡学の意義
2.精神科臨床と病跡
A.幻覚の病理と創造
B.妄想の病理と創造
C.精神分裂病の病理と創造
D.うつ病の病理と創造
E.てんかんの病理と創造
F.不安障害の病理と創造
G.物質関連障害の病理と創造
H.分裂病質の病理と創造
I.強迫性の病理と創造
J.境界例の病理と創造
K.自己愛の病理と創造
L.同性愛者の心理と創造
M.高齢者の心理と創造
N.精神分裂病とカリスマ症状群
O.アスベルガー症状群の創造性
3.病跡学の対象と方法
A.精神医学者の病跡
B.音楽家の病跡(または音楽家の精神分析)
C.フロイトとユングの病跡
D.移行対象と作品
E.精神療法と病跡学
F.創造の病
G.エピパトグラフィー
H.作家・思想家による病跡学
I.創造の媒介者と治療者
4.病跡学からみた精神医学的診断学