書籍検索結果 詳細表示

書名

薬物・アルコール関連障害 ≪臨床精神医学講座 8≫

筆頭著者

佐藤光源・他編

出版社名

中山書店

ISBNコード

ISBN978-4-521-49201-8

発行年

1999年6月

判型 / 頁数

B5判 / 460頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/精神医学

価格

定価(本体30,000円+税)

内容

精神作用物質の乱用・依存状況は,その多様化,若年化に伴って,近年増加傾向にあります.本書では,豊富な疫学データによって現状を明らかにし,精神障害との関連やメカニズム,治療法等の実際について解説しました.また,関連法規等についても詳述しています.

目次

■総 論
依存と関連障害の概念
疫学
 ・薬物関連  福井 進
 ・アルコール関連  清水新二
成因論
 ・生物学的側面
  神経化学的側面
  行動薬理的側面
 ・心理・社会的側面
  薬物関連
  アルコール関連
国際向精神薬条約
診断分類―国際疾病分類 ICD-10
治療の概要  洲脇 寛
■各 論
アルコール依存と関連障害
 ・薬理作用
 ・症状・経過・診断
 ・関連身体障害
 ・治療・リハビリテーション
覚せい剤依存と関連精神障害
 ・薬理作用,乱用状況
 ・症状・経過・診断
 ・治療  小沼杏坪
有機溶剤乱用と関連精神障害
 ・薬理作用,乱用状況,症状・経過,診断
 ・治療
麻薬・鎮痛薬依存症
大麻依存
他の薬物依存と脳障害
 ・抗不安薬と睡眠薬
 ・ニコチン
 ・コカイン
 ・phencyclidine
 ・その他  松永 勉ほか
薬物・アルコール関連障害と刑事責任能力
関連法規とその抜粋