JMPA会員出版社 新刊・好評書

表紙画像

出版社

全日本病院出版会

種別

書籍

書名/特集名

足関節ねんざ症候群-足くびのねんざを正しく理解する書-

著者等

高尾昌人/編

分類

臨床医学系/整形外科学

ISBNコード

978-4-86519-270-4

発行年月

2020年2月

判型 / 頁数

B5 / 208

定価

本体5,500円+税

内容

最新知見をわかりやすく整理し、問題点を明らかにし、かつ実地医療に役立てるという目的で編集された、日常診療で役立つ「足関節ねんざ症候群」の解説書!

目次

Ⅰ “たかが足くびのねんざ”をこじらせてしまうわけ
Ⅱ 足関節ねんざの診断
1 最も重要な診断法:問診と身体所見の取り方
2 それぞれの画像診断の利点と欠点
 ①単純X線撮影では何を診るのか?
 ②ストレスX線撮影は必要なのか?
 ③CT像が必要な症例とは?
 ④MRIが必要な症例とは?
 ⑤超音波検査の近年の飛躍的な進歩
Ⅲ 足関節ねんざの治療
総論
1 保存療法
 ①Functional treatmentがgold standardで良いのか?
 ②新鮮足関節外側靱帯損傷に対するPRICE/RICEの有効性について
 ③どの外固定を選択するべきか?
 ④固定肢位に関するエビデンス
 ⑤テーピングのコツと限界
 ⑥早期運動療法のコツとピットフォール
2 手術療法
 ①どのような例が手術の適応になるのか?
 ②麻酔法の選択はどのように行うのか?
 ③駆血の功罪
 ④術後の疼痛管理のコツとピットフォール
3 年齢や活動性,競技の種類により治療法は変わるのか?
4 Biological productは有効なのか?
各論
1 足関節外側靱帯損傷
 ①解剖(機能解剖)の常識と誤解
 ②保存療法の常識と誤解
 ③手術療法
2 脛腓靱帯損傷
3 三角靱帯損傷
4 二分靱帯損傷
5 足根洞症候群をどう考えるか?
6 距骨下関節不安定症をどう考えるか?
Ⅳ 見逃してはいけない合併傷害および鑑別疾患
1 足関節骨軟骨損傷
2 腓骨筋腱傷害
3 インピンジメント症候群
4 足関節形態と下肢アライメントの異常
5 Jones骨折の真実
索引