書籍検索結果 詳細表示

書名

「グループ」という方法

筆頭著者

武井麻子・著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-33193-7

発行年

2002年3月

判型 / 頁数

A5判 / 192頁

分類

看護その他

価格

定価(本体1,900円+税)

内容

グループは特別なものではなく,毎日の生活のなかにあるものである。グループをどうとらえるかは,人間とは何か,生きるとはどういうことかといった哲学と密接につながっている。今では,作業療法士も臨床心理士も医師も看護婦もみんなグループワークを行い,専門職ですらない当事者たちもセルフヘルプグループを組織し,成果をあげている。

目次

1 グループワーク,その前に
2 グループワークとは何か
3 グループのちから
4 グループの雰囲気
5 グループの大きさ
6 グループのバウンダリー
7 グループへの参加
8 グループを観察する
9 グループのリーダー
10 グループの沈黙
11 分裂病者とグループ
12 グループで語る
13 グループとしての病棟
14 グループ・マインド
15 グループの記録
16 グループと家族
17 グループと教育