書籍検索結果 詳細表示

書名

グラウンデッド・セオリー ―看護の質的研究のために

原著者

W. Carole Chenitz/Janice M. Swanson

筆頭著者

樋口康子・他監訳

その他著者等

稲岡 文昭 監訳

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-34068-7

発行年

1992年8月

判型 / 頁数

A5判 / 296頁

分類

基礎看護/基礎看護学/看護研究

価格

定価(本体5,500円+税)

内容

グラウンデッド・セオリーは、社会学の象徴的相互作用論をもとに生み出された質的な研究方法論である。看護研究の分野においても、看護固有の現象を特定し、それを系統的に整理して理論を生み出すのに最適の方法であるといえる。特に人間を全体としてとらえる看護学にとっては欠かせない方法であるといえる。本書はこのグラウンデッド・セオリーの方法論と実際の研究例を示したわが国初の成書である。グラウンデッド・セオリーの研究の考え方から始まって、実際の研究の進め方を実例を用いて、わかりやすく解説している。看護研究者はもちろん、研究を行うすべての学生・ナースに必読の書である。