書籍検索結果 詳細表示

書名

看護学教育における 講義・演習・実習の評価

原著者

Marilyn H. Oermann/Kathleen B. Gaberson

筆頭著者

舟島なをみ・監訳

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-33105-0

発行年

2001年1月

判型 / 頁数

A5判 / 368頁

分類

基礎看護/看護管理・看護教育/看護教育

価格

定価(本体3,500円+税)

内容

本書は、看護教育の評価についてテストの作成法から評価まで具体的に紹介したもの。また看護教育に多いレポートや記録の記述の評価などわかりやすく解説している。さらに問題解決能力など、学生に持ってほしい能力がどの程度備わっているかをレポートの中から探り評価する方法にも言及している。

目次

1. 評価,測定,教育の過程
2. すぐれた測定用具の条件
3. 教室内試験の計画
4. 客観式試験問題:真偽式,組み合わせ式,短答式
5. 客観式試験問題:多肢選択式,多重選択式
6. 論文式試験問題と記述式課題の評価
7. 問題解決,意志決定,批判的思考の評価:状況設定問題とそのほかの評価方法
8. 試験の構成と実施
9. 試験の採点と分析
10. 看護学実習評価
11. 看護学実習評価の方法
12. 試験得点の解釈
13. 成績評定
14. 社会的,倫理的,法的問題
15. プログラム評価
16. 総合的質管理(TQM)と看護学教育