書籍検索結果 詳細表示

書名

慢性疾患の病みの軌跡 ―コービンとストラウスによる看護モデル

原著者

Pierre Woog

筆頭著者

黒江ゆり子・他訳

その他著者等

市橋 恵子 訳/寳田 穂 訳

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-34172-1

発行年

1995年1月

判型 / 頁数

A5判 / 176頁

分類

基礎看護/基礎看護学/看護理論

価格

定価(本体2,700円+税)

内容

グラウンデッド・セオリー研究の第一人者による軌跡モデルの実際。グラウンデッド・セオリーは、看護独自の研究法を導く手法として、現在大きな注目を浴びている。本書は、この理論を元にした看護研究の第一人者であるコービンとストラウス自身による「慢性疾患の病みの軌跡モデル」の解説の後で、循環器疾患、HIV/AIDS、精神疾患、癌、多発性硬化症、糖尿病などにかかわる分野で活躍している看護専門職が、それぞれの分野での軌跡モデルの適用について報告している。原著は1992年度の『アメリカン・ジャーナル・オブ・ナーシング』誌の“ブック・オブ・ザ・イヤー”を受賞、その内容の確かさはアメリカでも認められている。