書籍検索結果 詳細表示

書名

ペプロウ人間関係の看護論

原著者

Hildegard E. Peplau

筆頭著者

稲田八重子・他訳

その他著者等

小林 冨美栄 訳/武山 満智子 訳/都留 伸子 訳/外間 邦江 訳

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-34478-4

発行年

1973年4月

判型 / 頁数

A5判 / 372頁

分類

基礎看護/基礎看護学/看護理論

価格

定価(本体2,500円+税)

内容

本書では、看護を精神力動的な特性をもつものとして考え、人間関係論を展開する。人間行動の理解に役立つ理念を、よりわかりやすい知識として看護婦が活用できるよう、看護場面における具体的な事例や図表を豊富に引用しながら解説。

目次

第I部 看護場面の諸局面と役割
 第1章 看護の定義
 第2章 看護婦-患者関係の諸局面 他
第II部 看護場面に影響をおよぼす諸要因
 第4章 人間のニード
 第5章 目的達成を妨害するもの 他
第III部 心理的課題
 第8章 他人を頼りにすることの学習
 第9章 欲求充足を延期することの学習 他
第IV部 人間関係のプロセスとしての看護研究の方法
 第12章 観察,コミュニケーション,記録
 その他図表多数