書籍検索結果 詳細表示

書名

ケースブック医療倫理

筆頭著者

赤林 朗・他編著

その他著者等

大林 雅之 編著/家永 登 著/白浜 雅司 著/中尾 久子 著/村岡 潔 著/森下 直貴 著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-33250-7

発行年

2002年12月

判型 / 頁数

B5判 / 136頁

分類

看護その他

価格

定価(本体2,400円+税)

内容

医療倫理はケースで学ぶ! 医療現場で直面する倫理的な葛藤,判断に悩む27ケースについて2通りのアプローチでどのように問題整理し,よりよい判断へとつなげていくのか,医学・看護学・哲学・倫理学・法学等の専門家が多角的な視点から論じた。日々新たに生じる倫理的課題は豊富なトピックスとコラムで紹介。

目次

 はじめに--本書を使われる皆さんへ

Approach 1
■成人期の課題
 Case 1 医療者の指示に従わない患者
 Case 2 がんの告知
■終末期の課題
 Case 3 安楽死・尊厳死
 Case 4 セデーション(鎮静)
■脳死と臓器移植
 Case 5 脳死
■老年期の課題
 Case 6 在宅患者への医療・介護
 Case 7 痴呆高齢者のリハビリテーション
■青年・成人期の課題
 Case 8 HIV/AIDS
 Case 9 人工妊娠中絶
■小児期の課題
 Case10 子どもへの病気説明
 Case11 子ども虐待
■出生時の課題
 Case12 体外受精
 Case13 出生前診断
■現場の人間関係
 Case14 同僚のミス
 Case15 対応の難しい患者
■研究倫理
 Case16 研究の倫理

Approach 2
 Case 1 医師,看護師,家族それぞれの思い
 Case 2 患者への内服治療の説明
 Case 3 痴呆高齢者の転倒・転落事故
 Case 4 職場における感染症への対応
 Case 5 信仰上の理由による治療拒否
 Case 6 重度の障害をもつ新生児の治療
 Case 7 義父の精子を使用したAID
 Case 8 悪い病名や予後をどのように伝えるか(1)
 Case 9 悪い病名や予後をどのように伝えるか(2)
 Case10 悪い病名や予後をどのように伝えるか(3)
 Case11 誰が研究論文の著者になるのか

 あとがき