書籍検索結果 詳細表示

書名

看護診断 第8巻第1号

筆頭著者

日本看護診断学会・編

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-33264-4

発行年

2003年3月

判型 / 頁数

B5判 / 144頁

分類

臨床看護/診療科・疾患/臨床看護一般

価格

定価(本体3,200円+税)

内容

2002年に開催された日本看護診断学会の学術大会の内容を収載。「看護診断と情報科学―ケアとテクノロジーの出会い」のテーマのもとに開かれた学会の報告として,会長講演,招聘講演(2題),教育講演のほか,シンポジウム,事例セッション,ワークショップの内容を紹介。看護診断の最新の動向を知るうえで欠かせない1冊。

目次

巻頭言(江本 愛子)
【原著】
日本におけるNANDA看護診断の使用頻度に関する実態調査(黒田 裕子,小田 正枝,菊地 登喜子,棚橋 泰之,中木 高夫)
共同問題の使用状況に関する実態調査-日本看護診断学会学術大会参加者における検討(山本 裕子)
【資料】
開業助産婦による経過診断の診断指標と使用状況-〈妊娠の確認〉と〈妊娠に伴う異常の可能性/CPD〉に関して(三島 みどり,長島 玲子,狩野 鈴子,長廻 久美子)
【事例報告】
Web型看護診断CAIの開発と実践(林 慎一郎,山口 求)
初期情報収集とその活用方法の検証(松波 美紀,廣瀬 チワ子,小島 三紀,堀 美佐子,木下 栄子,中川 千草)
【会長講演】
「看護診断」のコンピュータ化(電子化)の現状と動向-ケアとテクノロジーの出会いを視点として(新道 幸惠)
【招聘講演】
1. Accuracy of Nurses’Diagnoses Foundation for Computer-Based Documentation(Margaret Lunney)
 看護診断の正確性-コンピュータによる文章化の基本(Margaret Lunney 訳=ライダー島崎玲子)
2. International Standards for Nursing Terminology: Effects on Nursing Diagnosis(Judy Ozbolt)
 看護用語の国際標準-看護診断に及ぼす影響(Judy Ozbolt 訳=藤村 龍子)
【教育講演】
看護診断分類タキソノミーIIの解説(江川 隆子)
【シンポジウム】
看護管理と看護診断(座長 中村 恵子,櫻井 律子)
情報システムをいかに生かすか,活用するか(美代 賢吾)
看護診断と看護管理(大森 綏子)
看護診断をコンピュータシステムに取り入れて(吉岡 みち子)
ナースを育成する看護過程-看護診断(青柳 明子)
【事例セッション】
事例に使ってみよう! NANDA,NOC & NIC(黒田 裕子)
【ワークショップ】
ワークショップ報告(総合コーディネーター 石鍋 圭子)