書籍検索結果 詳細表示

書名

理学療法の本質を問う

筆頭著者

奈良 勲・著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-24410-7

発行年

2002年7月

判型 / 頁数

A5判 / 176頁

分類

リハビリテーション/理学療法

価格

定価(本体1,900円+税)

内容

社会の要請の変化に伴い,理学療法士の業務が拡大するなかで,その基盤となる教育,実践的理学療法,研究におけるサイエンスの構築と,自己と他者(対象者)を含む総体的な人間観察について,著者自らの経験を踏まえて考察。学生・若手PTへの道案内としてだけでなく,これからの理学療法を真摯に問うすべてのPTにとっての必読書。

目次

第1章 ひとりの理学療法士として-国際的視野で考え行動してみたい
 1. 私が理学療法士を志向した背景
 2. アメリカでの留学生活(1966~1969年)
 3. アメリカでの実務体験(1969~1971年)
 4. 日本理学療法士協会,WCPTとのかかわり
第2章 理学療法の概念と枠組み
 5. 理学療法の概念と枠組み
 6. 日本の理学療法の歴史的概要
 7. WHO国際障害分類の改定
第3章 理学療法の本質
 8. 理学療法-その倫理的・哲学的背景
 9. 一般的理学療法業務の流れ
 10. 理学療法の介入手段
 11. 理学療法と医学的リハビリテーション
 12. 学問的・科学的であることの意義
 13. 科学としての理学療法(学)
 14. 研究のすすめ
第4章 理学療法士であるということ
 15. 理学療法学教育
 16. 臨床におけることば-哲学的リハビリテーション人間学の観点から
 17. 理学療法士のアイデンティティー-理学療法体系の再構築
 18. 理学療法士としての適性
 19. 組織としての日本理学療法士協会とWCPTの意義
 20. 理学療法におけるサイエンスとアート-あとがきに代えて