書籍検索結果 詳細表示

書名

標準失語症検査マニュアル (改訂第2版)

筆頭著者

日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)・編

その他著者等

日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会) Brain Function Test委員会 著

出版社名

新興医学出版社

ISBNコード

ISBN978-4-88002-618-3

発行年

2003年6月

判型 / 頁数

B5判 / 190頁

分類

リハビリテーション/高次脳機能障害

価格

定価(本体7,000円+税)

内容

言語治療の実際に携わる言語聴覚士は医学をはじめ心理学、言語学、言語病理学、社会福祉学などの知識を身につけ活用することによって失われた言語の復活を通じて幸せを再現させる役割を持つ。治療方針、治療計画、言語訓練、治療効果、予後の判定など現実の問題を取り扱う場合、的確かつ客観的な言語症状の評価・把握が必要となる。日本高次脳機能障害学会編著の元に作成されたSLTA(標準失語症検査)は言語療法の現場で日常的に使用され、活かされている。

目次

1.テストとは

2.標準失語症検査の概要
 失語症検査の目的
 下位検査の構成
 成績の表示法
 補足的検査

3.標準失語症検査の標準化および実施成績
 対象者
 検査時間
 中止基準
 年齢別修正・教育歴別修正
 信頼性
 下位検査別得点

4.実施法および採点法
 実施にあたっての全般的注意
 下位検査別実施法および採点法
 標準失語症検査(SLTA)の総合評価
 SLTA講習会の添削指導で誤りが多かった箇所
 これまで多かったSLTAに関する質問に対する回答例

5.採点例

6.練習問題

7.資料

8.標準失語症検査に関連する文献

9.関係者