書籍検索結果 詳細表示

書名

医学の限界

原著者

Edward S. Golub

筆頭著者

坂本なほ子・訳(順天堂大学医学部公衆衛生)

出版社名

新興医学出版社

ISBNコード

ISBN978-4-88002-471-4

発行年

2004年4月

判型 / 頁数

A5判 / 210頁

分類

社会医学系/衛生・公衆衛生

価格

定価(本体3,500円+税)

内容

直線的に進歩した科学的医学に閉塞感が漂い始めている。
医学や医療に対する期待が過大であったり誤っていると、現実に直面し幻滅を味わう。
現代の健康を考えるための絶好の書。

目次

序論 健康と病気の背景

第一部 外部世界への再構築
 第一章 常に存在する死
 第二章 長い期間
 第三章 変化の種
 第四章 「パスツール」と科学の権威
 第五章 歴史を書き直す ; 科学の勝利

第二部 内部世界の再構築
 第六章 「将来, 病気では死なない」
 第七章 内的世界の再構築
 第八章 魔法の弾丸と医学の新しいパラダイム
 第九章 治療革命

第三部 未来への再構築
 第十章 慢性疾患時代の医学のゴールの再形成