書籍検索結果 詳細表示

書名

悪魔の味方―米国医療の現場から

筆頭著者

岩田健太郎・著

出版社名

克誠堂出版

ISBNコード

ISBN978-4-7719-0265-7

発行年

2003年7月

判型 / 頁数

四六判 / 298頁

分類

医学一般/その他

価格

定価(本体1,800円+税)

内容

米国医療の実際,知られざる実態! 現場のホットな話題から9.11まで。NY在住の感染症科医の医学エッセイ。

目次

第1章 米国医療の実際、知られざる実態
 1.マーケットが牛耳る米国医療、けれども
 2.米国医療を形成する各団体。こうやって米国の医療は組織されている。
 3.医療訴訟、そのあまりに大きな影響力
 4.米国の医者は本当に優秀なのか?:
  米国医療は本当にエビデンス・ベースドなのか。EBM神話を問う。
 5.こんな医者もいる、米国医師といっても千差万別:グローバルスタンダードは掛け声だけ
 6.米国は何を目指し、どのような医療を模索しているのか:苦悩に喘ぐ米国医療行政
 7.世界から見た米国医療:
  グローバルスタンダードを銘打っているのに誰にもまねのできない、
  誰も真似をしたがらない医療。日本からの視点はなんともユニークで。
 8.米国医療よもやま話
第2章 感染症科医というお仕事:感染症科フェローの愉快な毎日
第3章 9.11を越えて