書籍検索結果 詳細表示

書名

<新訳>医学を変えた発見の物語

原著者

Comroe JH Jr

筆頭著者

諏訪邦夫・訳(帝京大学教授)

出版社名

中外医学社

ISBNコード

ISBN978-4-498-00958-5

発行年

1998年9月

判型 / 頁数

A5判 / 396頁

分類

医学一般/その他

価格

定価(本体2,800円+税)

内容

本書は近代の医学を大きく変えた発見がどのようなヒント,プロセスで成されたかを興味深く物語った米国のベストセラーの翻訳である.
第1章“空はなぜ青いのか”では,一見医学とは何の関りもないこの疑問からペニシリンの抗菌作用の発見が生まれる様をビビッドに綴っているが,このように全28編とも発見がどのように行われ,発見者がどう考え,行動したかを印象的に示している.

目次

目次
1.空はなぜ青いのか 1
2.「空気」という海 8
3.物の内部をのぞく話 13
4.大発見の人と背景 第1部 23
5.大発見の人と背景 第2部 35
6.足は地面を離れるのか 47
7.危険な一酸化炭素を「利用」する方法 53
8.基礎か応用か もちろん両方が必要である 61
9.赤ちやんの泣き声が歌になる 69
10.猪鍋で一杯やる法 87
11.豚の丸焼きと科学の発見 第1部 95
12.豚の丸焼きと科学の発見 第2部 110
13.絶好のチャンスを逸す 130
14.学説の発表とその結果 150
15.出版に時間を要する問題:放置すべきことか 160
16.「珠玉の論文」について 168
17.実のところの話は 179
18.推論を推論してみると 202
19.「遅れ」の問題 217
20.人工呼吸 1904年型 226
21.自分は何もしないで進歩を遅らせる方法 233
22.曇った水晶玉 246
23.世界史上の人名録 264
24.失敗を恐れない勇気 271
25.フランケンシュタインとピックウィックとオンディーヌと 引用の誤りについて 282
26.時代に先行し過ぎた発見と末熟な肺の話 第1部 時代に先行し過ぎた発見について 293
27.第2部 毒ガスと新生児との関係 311
28.第3部 未熟肺との闘い 336
索引 408