書籍検索結果 詳細表示

書名

統計学入門 (第7版)

筆頭著者

杉田暉道・他著

その他著者等

杤久保 修 著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-13878-9

発行年

2001年6月

判型 / 頁数

A5判 / 192頁

分類

医学一般/医療統計学・医学情報学

価格

定価(本体2,400円+税)

内容

“とっつきやすい統計学”として評判の入門書。できるだけ難しい数式を用いずに統計学の基礎が理解できるように配慮した。医療分野での身近な例題は,実験や調査での統計学的処理に役立つ。第7版では多変量の統計分析を充実させ,「公式と記号」の章を重要度に応じてランク分けした。全体にわたり見やすくなるようレイアウトを刷新した。

目次

1. 母集団と標本
 §1・1 標本の選び方
 §1・2 平均値と散布度
 §1・3 母集団の分布
 §1・4 統計学(推計学)において扱う問題

2. 平均値
 §2・1 母平均の推定
 §2・2 母集団の正常範囲
 §2・3 母平均と標本平均の比較
 §2・4 2つの標本平均の比較

3. 百分率
 §3・1 母百分率の推定
 §3・2 母百分率と標本百分率の比較
 §3・3 2つの標本百分率の比較
 §3・4 いくつかの標本百分率の比較(どちらかの組み分けが2つの場合)

4. 相関関係
 §4・1 相関
 §4・2 相関係数
 §4・3 順位相関

5. 多変量における統計分析
 §5・1 分散分析法
 §5・2 重回帰分析
 §5・3 判別分析

6. 標本の選びかた
 §6・1 調査または実験の目的の数
 §6・2 2つの標本の条件
 §6・3 妥当な標本の例数

7. 公式と記号

付表