書籍検索結果 詳細表示

書名

ミニマム創 内視鏡下泌尿器手術 ―Portless Endoscopic Urological Surgery

筆頭著者

木原和徳・編著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-13356-2

発行年

2002年7月

判型 / 頁数

B5判 / 216頁

分類

臨床医学系/泌尿器科学

価格

定価(本体8,200円+税)

内容

内視鏡下手術の低侵襲性と開腹手術の操作性という両者のメリットを備えた画期的な泌尿器手術アトラス。2~5cmの切開創から,直視と内視鏡視で術野を確認し,指という最も優れたセンサー,かつ手術器具を用いる新世紀の手術。特殊なスキルも器具も要らず,コストも患者の負担も軽い。その全貌とテクニックのすべてを本書で紹介する。

目次

【口絵】手術例
I. 手術の概要
 1. 基本概念
 2. 皮切の標準サイズ
 3. 手術の10要点
 4. 手術の10要点の説明
 5. Pure laparoscopic surgeryおよび従来の開放手術の問題点
 6. 本手術の基本操作
 7. 本手術の特徴
 8. 本手術の問題点
II. 手術の実際
 手術のはじめに
 1. ミニマム創 内視鏡下根治的腎摘除
 2. ミニマム創 内視鏡下副腎摘除
 3. ミニマム創 内視鏡下腎尿管全摘除
 4. ミニマム創 内視鏡下腎部分切除
 5. ミニマム創 内視鏡下骨盤リンパ節郭清
 6. ミニマム創 内視鏡下ストーマ創利用膀胱全摘除+回腸導管造設
 7. ミニマム創 内視鏡下膀胱全摘除+新膀胱形成
 8. ミニマム創 内視鏡下前立腺全摘除
 9. その他のミニマム創 内視鏡下手術