書籍検索結果 詳細表示

書名

耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の超音波診断

筆頭著者

古川政樹・他著

出版社名

医歯薬出版

ISBNコード

ISBN978-4-263-22235-5

発行年

2000年1月

判型 / 頁数

B5判 / 128頁

分類

臨床医学系/耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

価格

定価(本体4,200円+税)

内容

耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の超音波診断を装置,走査,正常像から超音波ガイドを用いた穿刺術の基本までを網羅.疾患編では,頸部を中心に副鼻腔,口腔,咽,咽頭,頸部食道のほぼ全域にわたる主要疾患の症例を中心に300枚を超える画像写真と図版を挿入し検査・診断技術と画像の読み方を解説.

目次

【超音波診断装置と探触子】 超音波診断装置 探触子 【装置の調整】 ゲイン STC(sensitivity time control) ダイナミックレンジ 【アーチファクト(虚像)】 サイドローブによるアーチファクト 反射によるアーチファクト 【走査の基本と正常像】 基本的な被検者の体位と画像の設定 コンタクトメディウム 実際の走査と正常像 異常所見の抽出と記録 検査にあたっての心得え 【超音波ガイド下穿刺吸引細胞診】 USG-FNACの有用性 適応 準備する装置と器具 穿刺法 合併症 穿刺時のこつ 正診率を高めるために 細針による超音波ガイド下穿刺吸引組織診(USG-FNAB) 穿刺技術の治療への応用 【術中超音波検査】 【疾患編】 耳下腺 顎下腺 舌下腺 口腔・中咽頭 下咽頭 喉頭 食道 甲状腺 リンパ節 神経原性腫瘍 その他 鼻・副鼻腔 おわりに-耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域における超音波診断の今後 【MEMO】 小腫瘤の確認 検査時の体位 施設の状況に応じた超音波検査法 超音波ガイド下穿刺吸引細胞診の施行記録 口腔内走査による舌,口腔底の正常所見 転位リンパ節と血管の癒着 予防的頸部郭清術とは何か