書籍検索結果 詳細表示

書名

産科医のための無痛分娩講座

筆頭著者

天野 完・編

出版社名

克誠堂出版

ISBNコード

ISBN978-4-7719-0506-1

発行年

2018年6月

判型 / 頁数

B5判 / 128頁

分類

臨床医学系/産科婦人科学

価格

定価4,180円(本体3,800円 税10%)

内容

重篤な合併症に対応するため無痛分娩には麻酔科医の関与が望ましいがわが国の医療体制では現実的ではない。産科医が無痛分娩を安全に提供できるよう手技,留意点等を解説。

目次

第1章 無痛分娩の意義

第2章 無痛分娩の方法と変遷
【1】無痛分娩の方法
【2】無痛分娩の変遷

第3章 区域鎮痛法
【1】産痛の伝達と区域鎮痛法
【2】適応と禁忌
【3】脊椎管の解剖
【4】局所麻酔薬の薬理,作用機序,胎盤移行
【5】添加オピオイドの薬理,作用機序

第4章 硬膜外鎮痛法
【1】インフォームドコンセント
【2】手技の実際
 1 必要な物品・機器
 2 必要なモニタリング
 3 体位(坐位or 右/ 左側臥位)
 4 穿刺部位(ヤコビー線)
 5 消毒
 6 Tuohy 針の把持,刺入,針の進め方,正中or 傍正中
 7 硬膜外腔の確認(抵抗消失法,空気 or 生理食塩水)
 8 カテーテル挿入,留置
 9 吸引テスト
 10 テストドース注入,局所麻酔薬の選択,アドレナリン添加の必要性
 11 メインドースの投与
 12 帝王切開移行時の対応
【3】鎮痛効果の判定
 1 区域鎮痛と鎮痛効果
 2 鎮痛効果の評価方法
【4】合併症,副作用と対応
 1 血液が吸引される場合
 2 バックフローがありくも膜下腔への迷入が疑わしい場合
 3 鎮痛効果が得られないときの対応
 4 カテーテルトラブル(挿入困難,抜去困難,切断・遺残)
 5 低血圧
 6 硬膜穿刺後頭痛(PDPH)
 7 神経学的合併症
 8 局所麻酔薬中毒
 9 硬膜下血腫,硬膜外血腫
 10 高位鎮痛,全脊椎麻酔
 11 産婦の心肺蘇生法

第5章 脊髄くも膜下硬膜外併用鎮痛法(CSEA)
【1】手技
【2】利点と問題点
【3】CSEA において特に留意すべき点

第6章 傍頸管ブロック(PCB),陰部神経ブロック(PB)
A 傍頸管ブロック
【1】手技
【2】鎮痛効果
【3】母体のリスク
【4】胎児・新生児のリスク
【5】新生児への影響
B 陰部神経ブロック
【1】手技
【2】リスクと問題点

第7章 硬膜外鎮痛法が分娩経過に及ぼす影響
【1】選択的分娩誘発の是非
【2】分娩第1期
【3】分娩第2期
【4】児頭回旋異常
【5】発熱
【6】掻痒
【7】助産師の役割

第8章 硬膜外鎮痛法と胎児・新生児
【1】胎児への影響
【2】新生児への影響
【3】母乳への影響

第9章 無痛分娩の安全対策
【1】無痛分娩とそのリスク要因に関する現状認識
【2】安全性確保のための基本的な考え方
【3】設備・機器の整備
【4】診療体制の整備
【5】研修の充実