書籍検索結果 詳細表示

書名

食事調査マニュアル ―はじめの一歩から実践・応用まで (第3版)

筆頭著者

日本栄養改善学会・監

出版社名

南山堂

ISBNコード

ISBN978-4-525-63333-2

発行年

2016年6月

判型 / 頁数

A4判 / 213頁

分類

栄養学/栄養学一般

価格

定価3,080円(本体2,800円 税10%)

内容

第Ⅰ部で食事調査法の概要を示し,第Ⅱ部で食事記録法,24時間思い出し法,食物摂取頻度調査法を中心に解説,第Ⅲ部では食品番号表などの資料を掲載.今改訂では撮影画像を利用した食事調査法の追加など,内容の更新を行った.学生のみならず現場で働く管理栄養士・栄養士の必携書.「食物摂取頻度調査法ソフト」などを収載したCD-ROM付き.

目次

Ⅰ食事調査の基礎知識

1 食事調査法の概要
 ①食事記録法:秤量記録法,目安量記録法,写真記録法Dietary Records(DRs)
 ② 24 時間思い出し法24-Hour Dietary Recall
 ③食物摂取頻度調査法Food Frequency Questionnaire(FFQ)
 ④食事歴法Dietary History
 ⑤ まとめ
2 食事調査を開始する前に考えておくこと
 ① 調査地区および調査対象者の選定
 ② 調査実施前の準備
3 栄養素等摂取量算出のためのデータベース
 ① 食品データベースとしての日本食品標準成分表
 ② 料理・複合調味料・標準的な味付けのデータベース化
 ③ 食品データベースに登録されていない食品が出現した場合の対応
4 食事摂取基準(DRIs)による摂取量の評価
 ① 基本情報の把握
 ② DRIs の基本的な考え方
 ③ 個人を対象とした食事調査データの解釈
 ④ 集団を対象とした食事調査データの解釈
5 結果の集計・解析方法
 ① 調査票,コンピュータ入力データの過誤チェック
 ② 栄養価計算ソフトウェアなどで算出されたデータの過誤チェック
6 結果の解釈
 ① 食事の変動
 ② 習慣的摂取量分布推定のための統計モデル
 ③ エネルギー調整
 ④ データ解析
 ⑤わが国における食品データベース高度化への取り組み事例

Ⅱ 食事調査の実際

A 食事記録法Dietary Records
 ① データの収集・処理の実際
 ② データの収集・処理にあたって留意すべき点
B 24時間思い出し法24-Hour Dietary Recall
 ① 調査の具体的な進め方(1)—市町村事業レベルでの実施を想定して—
 ② 調査の具体的な進め方(2)—厳格な精度管理が行われた国際共同研究を例として—
 ③ 米国における自動化された被験者の自己管理による24 時間食事思い出し法
C 食物摂取頻度調査法Food Frequency Questionnaire(FFQ)
 ① 半定量食物摂取頻度調査票(SQFFQ)の開発
 ② SQFFQ の妥当性と再現性
 ③ わが国の食物摂取頻度調査票
 ④ SQFFQ の実際
 ⑤ SQFFQ と個人の栄養教育

Ⅲ 資料編