書籍検索結果 詳細表示

書名

脳卒中リハビリテーション連携パス ―基本と実践のポイント

筆頭著者

日本リハビリテーション医学会・監

その他著者等

日本リハビリテーション医学会診療ガイドライン委員会リハビリテーション連携パス策定委員会 編

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-00478-7

発行年

2007年6月

判型 / 頁数

A4判 / 256頁

分類

臨床医学系/リハビリテーション医学(医師対象)

価格

定価4,180円(本体3,800円 税10%)

内容

地域における診療連携ネットワーク重視の流れがますます加速していくなか、脳卒中は国民の健康・福祉に与える影響が極めて大きな疾患であり、診療連携体制の構築は必要不可欠である。本書は、「脳卒中治療ガイドライン」の実践版という位置づけで、地域におけるリハビリテーション連携のためのツールである「連携パス」を実践するためのヒント集となっている。

目次

はじめに-地域におけるリハビリテーション連携の推進に向けて
第1章 脳卒中診療の現状と診療連携
第2章 クリニカルパスの基本
第3章 脳卒中診療におけるクリニカルパスの動向
第4章 データベースとITの活用と開発
第5章 連携パスの実践
第6章 ユニットパスの実際
第7章 連携相手に望むこと
おわりに-脳卒中における連携パスのあり方と今後の課題
索引