書籍検索結果 詳細表示

書名

バイオ実験法&必須データポケットマニュアル ―ラボですぐに使える基本操作といつでも役立つ重要データ

筆頭著者

田村隆明・著

出版社名

羊土社

ISBNコード

ISBN978-4-7581-0802-7

発行年

2006年6月

判型 / 頁数

B6変型判 / 324頁

分類

基礎医学系/生命科学

価格

定価3,520円(本体3,200円 税10%)

内容

実験に必要な色々な資料,あちこちに散らばっていませんか?
本書はバイオ実験の汎用プロトコールと関連データをポケット版にギュッと凝縮した,新しい実験書です.
毎日の実験はこの1冊におまかせ!

目次

1部 実験法の解説+プロトコール編
第1章:実験の基礎
1.実験の準備
2.溶液
3.基礎的操作
4.ラジオアイソトープ実験
5.組換えDNA実験の安全性

第2章:DNAを扱う
1.DNAの性質
2.操作の基本
3.沈殿濃縮法
4.その他の濃縮法
5.抽出による精製
6.その他の精製法
7.高分子核酸とヌクレオチドの分離

第3章:基本となるDNA実験
1.制限酵素を使う
2.修飾酵素を使う
3.PCRによるDNA増幅
4.ポリアクリルアミドゲル電気泳動
5.アガロースゲル電気泳動
6.超遠心機を用いる分離方法

第4章:DNA解析実験
1.DNAシークエンシング
2.細胞DNAの抽出
3.サザンブロッティング
4.DNAの標識
5.培養細胞へのDNA導入

第5章:RNAを用いる実験
1.RNA操作
2.細胞からのRNA抽出と精製
3.特異的RNAの検出
4.標識RNA調製

第6章:タンパク質に関する実験
1.タンパク質の濃度測定
2.タンパク質の取り扱い
3.タンパク質濃縮法
4.低分子の除去
5.細胞からのタンパク質抽出
6.SDS-PAGE
7.抗体を使ったタンパク質実験
8.組換えタンパク質

第7章:大腸菌,プラスミド,ファージに関する操作
1.大腸菌
2.培地
3.培養
4.プラスミド
5.プラスミドを細胞へ導入する
6.プラスミドの抽出,精製
7.ファージの利用

第1章:実験の基礎
【Data】
分子量,モル濃度,分子数 主な水溶性試薬の分子量 主な水溶性試薬(市販品)の濃度 水の電離とpH pH標準液 主なバッファーの適用pH範囲 様々なバッファーの組成表 pH指示薬の変色域 Tris-HClバッファーの温度によるpHの変化 回転数と遠心加速度の関係 オートクレーブの圧力と温度 殺菌法 放射能に関する単位 生物学で使用されるRI 主要RIの減衰率
第2章:DNAを扱う
【Data】
塩基,ヌクレオシド,ヌクレオチド DNAに関する換算式 代表的DNAのデータ 核酸の吸光度
第3章:基本となるDNA実験
【Data】
制限酵素認識配列に関するクロスインデックス 制限酵素の性質 利用可能な主なメチラーゼ 主なDNAポリメラーゼの特性と用途 主なDNAポリメラーゼの反応液組成 主なヌクレアーゼの反応条件 主なヌクレアーゼの特性と用途 アクリルアミドゲル濃度とDNAの分離能(未変性ゲルの場合) 低分子用DNAサイズマーカー 変性ゲルにおける色素マーカーの移動度 アガロースゲルの分離能 種々のアガロースの用途 高分子用DNAサイズマーカー ローターの特性 塩化セシウム溶液のパラメーター
第4章:DNA解析実験
【Data】
ヒト細胞中の核酸含量など 組織培養用抗生物質 培養器の容量 よく使われる株化細胞
第5章:RNAを用いる実験
【Data】
RNAのOD測定 分子量,重量,モル数,塩基数の換算 rRNAの大きさ 逆転写酵素の特性
第6章:タンパク質に関する実験
【Data】
遺伝コード(普遍コードを示す) 機能性コドンとミトコンドリアのコドン アミノ酸データ タンパク質の分子量とDNA長 タンパク質の吸光度と濃度の関係 主なプロテアーゼインヒビター 主な界面活性剤 硫酸アンモニウム濃度 0℃における種々の濃度の硫安溶液の作製 ゲルろ過担体の種類とその性能 SDS-PAGEで直線的に分離できるタンパク質のサイズ SDS-PAGE用マーカータンパク質 抗体とプロテインA/G/Lとの結合 大腸菌において稀なコドンの真核生物での使用頻度 組換えタンパク質に使用されるタグ
第7章:大腸菌,プラスミド,ファージに関する操作
【Data】
培地1l を作るのに必要な成分 汎用プラスミドの構造 ファージ用大腸菌