書籍検索結果 詳細表示

書名

大量出血

筆頭著者

外 須美夫・編(北里大学医学部麻酔科教授)

出版社名

真興交易医書出版部

ISBNコード

ISBN978-4-88003-787-5

発行年

2006年11月

判型 / 頁数

B5判 / 232頁

分類

臨床医学系/麻酔科学

価格

定価7,480円(本体6,800円 税10%)

内容

本書は、大量出血にテーマを絞り、大量出血の生体反応、患者の周術期管理、各外科手術における大量出血と治療方針、画像診断、輸液、薬物・輸血療法および合併症などの大量出血を取り巻く臨床的課題をまとめました。麻酔科医・外科医・救命救急医・集中治療医必読の一冊です。

目次

第1章 血液の生理的役割

第2章 大量出血に対する生体反応
1.大量出血に対する循環応答と神経内分泌反応
2.大量出血時の止血/凝固機能の変化
3.大量出血と多臓器不全

第3章 大量出血と麻酔
1.麻酔中の心停止と大量出血
2.大量出血患者の麻酔管理
3.周術期の出血とその対策

第4章 外科手術と大量出血
1.脳外科領域の大量出血と治療方針
2.血管外科領域の大量出血と治療方針
3.腹部外科領域の大量出血と治療方針
4.産科領域の大量出血と治療方針

第5章 大量出血の診断・治療・対応
1.大量出血の画像診断
2.外傷による大量出血と初療
3.出血性ショックの治療(輸液療法)
4.出血性ショックに対する薬物療法
5.大量出血に対する血液製剤の使い方
6.大量輸血に伴う輸血副作用と対策
7.自己血輸血の現状と問題点
8.輸血の危機管理