書籍検索結果 詳細表示

書名

麻酔・集中治療管理と長期予後 ―炎症反応との関連性について

筆頭著者

大村昭人・他編(帝京大学医学部長;帝京大学医学部附属溝口病院麻酔科教授)

その他著者等

工藤/一大

出版社名

真興交易医書出版部

ISBNコード

ISBN978-4-88003-779-0

発行年

2006年9月

判型 / 頁数

A5判 / 184頁

分類

臨床医学系/麻酔科学

価格

定価4,400円(本体4,000円 税10%)

内容

周術期管理での血糖や体温管理、麻酔深度等がその後の体の状態に影響を与えている研究報告がされはじめている。麻酔科医としての周術期管理が重要性を増す中、多くの慢性疾患に共通したメカニズム━“炎症”に着目。長期予後との関係を探った一冊。

目次

序文
第1章 概説
1麻酔科学の大きな節目:麻酔・集中治療管理が長期予後を変える!
2炎症はすべての病の根源?━炎症一元説:癌、心血管疾患からアルツハイマー病まで
3メタボリックシンドロームと炎症
4COPDと炎症
5慢性炎症と酸化ストレスそして発癌へ!
6麻酔・集中治療管理と炎症

第2章 麻酔深度と長期予後

第3章 セボフルランの心筋保護作用
1虚血再灌流心筋障害とは?
2肝中球による虚血再灌流障害
3吸入麻酔薬の好中球抑制に関係する保護作用
4吸入麻酔薬の細胞内Ca2+過負荷の抑制
5吸入麻酔薬の投与時期による心筋保護効果の相違
6心筋保護効果に影響を与える因子
7吸入麻酔薬と予後の関係

第4章 セポフルランによるプレコンディショニングと長期予後
1心筋細胞へのプレコンディショニング
2IPCとAPCの相違
3麻酔薬による相違
4吸入麻酔薬がlPCを増強させる効果
5他の薬理学的プレコンディショニングとの相加効果
6血管内皮細胞へのプレコンディショニング
7吸入麻酔薬の好中球へのプレコンディショニング
8プレコンディショニングと長期予後
9他の臓器へのプレコンディショニング

第5章 β遮断薬と長期予後
1Manganoらの研究
2Poldermansらの研究
3DIP0M(diabetic postoperative mortality and morbidity)trial
4Lindenauerらによる研究
5まとめ

第6章 α2アゴニストと長期予後
1α2アゴニストの臨床薬理
2α2作動薬と周術期循環系合併症一2003年のメタ分析
3α2作動薬と術後長期予後
4まとめ

第7章 救急救命時の血糠管理と長期予後
1血糖管理の意義
2血糖管理による予後改善の機序
3救急時の厳格な血糖管理の問題点
4厳格な血糖管理をどのように行うか

第8章 術中体温管理の予後への関与の可能性
1手術中の体温変化
2手術中の低体温の利点
3手術中の低体温の欠点・副作用

第9章 スタチンの墓礎と抗炎症作用
1メバロン酸経路
2スタチンとメバロン酸経路
3メバロン酸経路の意義
4スタチンの多面的作用(pleiotropic effect)
5動脈硬化病変と炎症
6スタチンと抗炎症作用

第10章 高コレステロール血症治療薬スタチンと長期予後
1スタチン投与の周術期短期効果
2スタチン投与と長期予後への効果
3スタチン服用と敗血症

第11章 ICUにおける鎮静と精神的長期予後
1目標設定による鎮静薬投与
2鎮痛・鎮静薬
3疼痛・鎮静・興奮のモニタリング
4ICU入院後の認知障害
5譫妄

第12章 ICUにおける肺動脈カテーテルの便用と長期予後
1今までの研究から言えること
2PACと長期予後に関して

第13章 麻酔と炎症:吸入麻酔薬による免疫抑制
1吸入麻酔薬による免疫抑制━その歴史的背景
2炎症に関与する免疫学的因子
3吸入麻酔薬がナチュラルキラー細胞に与える影響
4吸入麻酔薬が好中球に与える影響
5吸入麻酔薬が単球・マクロファージに与える影響
6吸入麻酔薬がリンパ球に与える影響
7吸入麻酔薬が肺胞上皮細胞,血管内皮細胞に与える影響

第14章 手術侵襲と炎症反応
1手術侵襲による炎症性/抗炎症性サイトカイン産生誘導
2輸液剤,換気モード,酸素濃度の影響
3Injury-induced lmmunosuppression

第15章 メタボリックシンドロームと炎症
1動脈硬化と炎症
2炎症とスタチン
3肥満と炎症
4メタボリックシンドロームと炎症
5MetSに対する対策

第16章 麻酔・集中治療管理は本当に長期予後を変えるのか?一パラダイムシフトと麻酔科医の役割一