書籍検索結果 詳細表示

書名

周術期の神経障害 ―基礎的・臨床的エビデンスを踏まえて

筆頭著者

佐倉伸一・編(島根大学医学部附属病院手術部助教授)

出版社名

真興交易医書出版部

ISBNコード

ISBN978-4-88003-773-8

発行年

2006年5月

判型 / 頁数

B5判 / 170頁

分類

臨床医学系/麻酔科学

価格

定価6,600円(本体6,000円 税10%)

内容

周術期の神経障害に関して、その合併症などを麻酔管理、手術の処置など様々な観点から詳解。本書は最新の基礎的・臨床的エビデンスを踏まえた、臨床現場に役立つ一冊を目指して刊行。

目次

第1章 神経障害の発生頻度

第2章 体位と神経障害
1.周術期神経障害の原因
2.主な周術期神経障害と体位との関係
3.神経障害の診断・評価
4.予防と早期発見
5.治療

第3章 脊柱管の解剖
1.脊柱管
2.髄膜
3.脊髄と馬尾
4.脊髄の内部形態と高位診断
5.脊髄の内部形態と横位診断
6.脊髄の血管
7.体位と脊柱管

第4章 機械的神経障害
1.血管確保時に生じる末梢神経損傷
2.Neuraxial Block時に生じる神経障害
3.機械的神経障害予防法としての超音波ガイド下穿刺

第5章 小児の区域麻酔
1.局所麻酔薬
2.仙骨硬膜外ブロック
3.胸部・腰部硬膜外麻酔
4.脊髄くも膜下麻酔
5.末梢神経ブロック

第6章 血腫形成と神経障害
1.神経ブロックが関与する血腫形成と神経障害の実態
2.血腫形成の回避に向けて

第7章 神経ブロック後の感染による神経障害
1.硬膜外膿瘍の発生頻度
2.硬膜外膿瘍の臨床経過
3.硬膜外膿瘍の診断と治療
4.硬膜外膿瘍の病原菌
5.硬膜外膿瘍の予後
6.硬膜外膿瘍の感染経路
7.硬膜外膿瘍の予防法
8.黄色ブドウ球菌の局在

第8章 神経の虚血と脳・脊髄梗塞
1.虚血性中枢神経障害の病態
2.脳・脊髄循環の特徴
3.周術期脳・脊髄梗塞

第9章 神経障害の画像診断
1.CTとMRI
2.周術期の神経障害の画像診断

第10章 脊髄病変合併患者への神経ブロック
1.薬品の添付文書の記載
2.多発性硬化症
3.脊髄癆
4.スモン
5.ポストポリオ症候群
6.筋萎縮性側索硬化症
7.脊髄損傷

第11章 脊椎疾患と脊髄くも膜下・硬膜外麻酔
1.脊柱管狭窄症と硬膜外麻酔
2.脊椎手術後の硬膜外麻酔
3.脊椎手術後の脊髄くも膜下麻酔

第12章 末梢神経障害と神経ブロック
1.末梢神経障害を呈する疾患
2.Double Crush現象
3.糖尿病と神経ブロック
4.臨床的証拠

第13章 局所麻酔薬の神経毒性
1.神経毒性の臨床症状
2.神経毒性に関する基礎研究
3.神経毒性の発生機序
4.神経毒性に影響を与える因子
5.投与経路と神経障害

第14章 末梢神経ブロックと神経障害
1.末梢神経の解剖
2.神経障害の発生機序
3.抹消神経ブロックの方法と神経障害のリスク
4.神経障害の予防法
5.意識下・鎮静下・麻酔下?

第15章 産科と神経障害
1.産科関連の神経学的合併症
2.麻酔関連の神経学的合併症
3.病歴、理学的検査、検査室での検査

第16章 整形外科と末梢神経障害
1.手術手技に伴う末梢神経障害
2.ターニッケトの使用に伴う末梢神経障害