書籍検索結果 詳細表示

書名

小児虐待医学的対応マニュアル ―医療現場で子どもを守るために

筆頭著者

桃井真理子・編(自治医科大学小児科学講座教授)

出版社名

真興交易医書出版部

ISBNコード

ISBN978-4-88003-748-6

発行年

2006年2月

判型 / 頁数

B5判 / 210頁

分類

臨床医学系/小児科学

価格

定価4,290円(本体3,900円 税10%)

内容

虐待の判断、救済には常に迷いがつきまとう。本書は、疑わしいケースや対応に苦慮する場合の行動決定の一助となるよう企画された。小児科のみならず、子どもが訪れるあらゆる診療室に必携の医学的対応マニュアル。

目次

はじめに
第1章 小児虐待とは何か
1.身体的虐待
2.心理的虐待
3.ネグレクト
4.性的虐待

第2章 身体的虐待を疑うとき:所見と対応
1.いつ疑うか:身体所見と検査
2.虐待を疑うX線写真の読み方

第3章 心理的虐待を疑うとき
1.心理的虐待を示唆する子どもの身体、行動、精神心理
2.心理的虐待を示唆する親
3.心理的虐待診断のための問診、情報収集
4.疑ったらどうするか:子どもへの対応・親への対応

第4章 ネグレクトを疑うとき
1.ネグレクトにハイリスクの子どもたち
2.ネグレクトを示唆する子どもの身体、行動、精神心理
3.ネグレクトを示唆する親の言動
4.ネグレクトを疑ったらどうするか
5.ネグレクトの判断が困難な場合:宗教的信念による場合など
6.親子分離の判断

第5章 対応・検査・治療
6.性暴力の法的証拠
7.その後のケア

第6章 保育施設、学校からの虐待についての相談を受けたら
1.保育園、幼稚園からの相談
2.学校からの相談
3.疑わしいが判定困難な場合の対応
4.受信しない親への対応

第7章 新生児医療と虐待
1.NICUでの虐待リスクの早期発見と対応
2.低出生体重児のフォローアップでの虐待の早期発見と対応
3.フォローアップでの虐待の早期発見と対応
4.フォローアップ外来を受信しないケースへの対応

第8章 障害児医療と虐待

第9章Munchausen syndrome by proxy

第10章 虐待者への医師からの話し方

第11章 虐待を疑った場合の対応と関連機関との連携の仕方
1.児童相談所
2.警察
3.保護師
4.地域小児虐待ネットワーク
5.弁護士

第12章 虐待に関連するストレス障害:診断と治療
1.子どものストレス障害の特徴
2.医学的定義
3.診断、検査
4.治療

第13章 子どもの虐待に関する法的知識
1.法律
2.児童相談所の権限
3.医学データの取り方、書き方