書籍検索結果 詳細表示

書名

言語聴覚研究 第3巻 第2号

筆頭著者

日本言語聴覚士協会・編集・発行

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-00316-2

発行年

2006年7月

判型 / 頁数

B5判 / 56頁

分類

リハビリテーション/言語聴覚

価格

定価2,200円(本体2,000円 税10%)

内容

日本言語聴覚士協会の協会誌。

目次

■原著
 仮名文字による語の構成を用いた呼称訓練の検討
  -伝導失語症例に対する単一事例研究(田中須美子)
 読み書き障害を認めた軽度知的発達障害児一例
  -障害機序に応じた訓練法とその効果の検証(杉下周平,他)
■短報
 2~4歳児における語想起能力の発達に関する横断的検討
  -事物名称命名能力およびカテゴリー分類能力との関連(塩見将志,他)
■リポート「現場,最前線」
 エレクトロパラトグラフィー(EPG)の過去・現在・未来-EPGの簡易装置を用いた
  家庭における視覚的フィードバック訓練を試行して(藤原百合,他)
 NICUで行うコミュニケーション・ケア(斉藤吉人)
■調査報告
 運動障害性構音障害の現状報告(川岸 惠,他)
 平成18年度社会保険診療報酬および介護保険制度の改定が言語聴覚療法に及ぼす影響
  の分析(実態調査)(森田秋子,他)

投稿規定 執筆要綱 投稿誓約書 編集後記

●「言語聴覚研究」購読会員のご案内