書籍検索結果 詳細表示

書名

物理化学 上 ≪生命薬学テキストシリーズ≫

筆頭著者

桐野 豊・編

出版社名

共立出版

ISBNコード

ISBN978-4-320-05511-7

発行年

1999年3月

判型 / 頁数

B5判 / 232頁

分類

薬学/基礎系薬学/物理系薬学

価格

定価4,400円(本体4,000円 税10%)

内容

生命薬学のための物理化学の教科書であり,生命薬学にとって重要度の高い項目を厳選して取り上げている。上巻は,学部低学年の学生を対象として,物理化学の基礎的な内容を解説している。

目次

第1部 熱力学と反応速度
第1章 熱力学第1法則:熱と仕事
1.1 力学の復習と熱力学への準備
1.2 数学的準備
1.3 熱と内部エネルギー
1.4 理想気体の膨張・圧縮による熱と仕事
1.5 標準生成エンタルピー

第2章 熱力学第2法則とエントロピー
2.1 熱機関に関する考察
2.2 エントロピー
2.3 閉じた系における平衡条件:自発的変化の方向を決定するもの
2.4 等温可逆変化における熱と仕事:自由エネルギーの意味

第3章 ギブズ自由エネルギー
3.1 化学ポテンシャル
3.2 化学反応と化学平衡
3.3 相平衡
3.4 生体エネルギー論

第4章 化学反応速度論
4.1 反応速度式
4.2 反応速度式の決定
4.3 正逆両方向に進む反応
4.4 素反応
4.5 酵素反応

第2部 溶液と界面化学
第5章 溶液
5.1 溶液の濃度
5.2 部分モル量と化学ポテンシャル
5.3 溶液の化学ポテンシャル
5.4 理想溶液とラウールの法則
5.5 非理想溶液とヘンリーの法則
5.6 溶液内相互作用と活量係数
5.7 溶液平衡と束一的性質
5.8 高分子溶液

第6章 電解質溶液
6.1 電解質溶液の非理想性
6.2 電解質水溶液の電気伝導
6.3 化学電池

第7章 界面化学
7.1 界面エネルギー
7.2 界面張力の測定法
7.3 吸着
7.4 界面活性剤
7.5 コロイド粒子

第3部 分子分光学
第8章 量子力学の基礎
8.1 粒子と波動
8.2 水素原子の輝線スペクトル
8.3 ボーアの原子モデル
8.4 シュレディンガー方程式
8.5 水素類似原子
8.6 電子スピン
8.7 電子配置
8.8 狭い領域に閉じ込められた粒子
8.9 分子の振動運動
8.10 分子の回転運動

第9章 化学結合
9.1 原子価結合(VB)法と電子対
9.2 分子軌道(MO)法
9.3 2原子分子の化学結合
9.4 他原子分子の結合
9.5 金属とその錯体
9.6 金属結合と細密充填構造
9.7 イオン結合
9.8 分子間力

第10章 分子分光学
10.1 物質と光の相互作用
10.2 分光計の範囲
10.3 振動分光法
10.4 紫外可視分光法
10.5 蛍光分光法
10.6 旋光分散と演2色性
10.7 核磁気共鳴吸収(NMR)
10.8 電子スピン共鳴(ESR)

付表/索引