書籍検索結果 詳細表示

書名

ビデオ顕微鏡 ―その基礎と活用法

原著者

Shinya Inou & eacute;

筆頭著者

寺川 進・他訳

その他著者等

Kenneth R. Spring 著/市江 更治/渡辺 昭 訳

出版社名

共立出版

ISBNコード

ISBN978-4-320-05577-3

発行年

2001年8月

判型 / 頁数

B5判 / 776頁

分類

基礎医学系/実験動物・顕微鏡・その他

価格

定価20,900円(本体19,000円 税10%)

内容

300年の歴史をもつ光学顕微鏡は,今,ビデオとコンピュータの力を
借りて新たな装置「ビデオ顕微鏡」に進化した。これにより極微世界の
新しいイメージが次々と生まれるようになった。テレビの基本から1分
子観察の先端に至るすべての技術を紹介する。本書は21世紀のミクロ
ゲーザーに贈る比類無きガイドブック。

目次

第1章 なぜビデオか?
(1940年以前:テレビジョンの発明/ビデオを顕微鏡に応用する初期の
試み/現在の状勢/一般的ないくつかの注意)
第2章 顕微鏡の像形成
(はじめに:光学顕微鏡における主要光学系列/光学顕微鏡での結像部
品,拡大/ケーラー照明の原理/像の解像度と波動光学/顕微鏡に使用
される光学系の動作の特性/映像のコントラストの生成/走査顕微鏡/
/光学的切片,立体視像,および,三次元映像/像の縮小と,光学顕微
鏡を用いた標本の光学的操作)
第3章 顕微鏡の実際的取扱い
(顕微鏡のケーラー照明のための調節/光源と顕微鏡の像の明るさ/ビ
デオ顕微鏡法のためのレンズの選択と手入れ/顕微鏡の鏡基)
第4章 眼の生理学的特徴
(はじめに/ヒトの眼の構造,屈折,および水晶体調節/視覚の感度と
順応/解像度,視力/コントラストの識別と,MTF(変調度伝達関数)
/フリッカー/色覚/立体視/追記)
第5章 ビデオ信号の基礎
(ビデオ画像と信号/ビデオの動作/タイミングパルスと複合ビデオ信
号/像の解像度とビデオ信号/ビデオ関連機器の同期化)
第6章 光の検出とモノクローム・ビジコンカメラ
(光電子増倍管(PMT)/画像形成 光電子増倍管からビデオへ/ビデオ
センサの特徴付け/性能比較)
第7章 固体検出素子とカメラ
(簡単な固体検出器/固体化検出器配列による空間の識別/分割型検出
器/MOS型光電検出器/MOS型 光電検出器/電子シャッターとチップ上
の蓄積/スロースキャンCCDカメラ/固体化された検出器を使う高速度
撮像)
第8章 微弱光用カメラ
(微弱光用ビデオレートカメラの発展/新しい世代の像増強管/像増強
管とビデオレートカメラおよびスロースキャンCCDとの結合/フォトン
カウンティング(光子計数)検出器/微弱光量顕微鏡法における撮像の
要件)
第9章 カラービデオ信号とカラーカメラ
(色の基礎/色の標準/図表による色の表示法/カラービデオのコード
化/カラービデオカメラ/カラーカメラの性能/蓄積型カラーカメラ/
色信号に関するいくつかの考察)
第10章 ビデオモニタ、プロジェクタ、およびプリンタ
(いくつかの一般的考察/モノクロームCRTビデオモニタ/カラーCRTビ
デオモニタ/固体とプラズマ・ディスプレイのモノクロームおよびカラ
ーモニタ/ビデオプロジェクタ/ビデオプリンタとビデオ顕微鏡写真の
作り方/ビデオを使用する光学式のコピー/立体ビデオディスプレイ)
第11章 ビデオレコーダ
(はじめに/ビデオテープ録画/ビデオテープの型式―モノクロームと
カラー/ビデオ顕微鏡法のためのVTRの特性 /タイムラプスVTR, 時間
軸誤差,高速VTR/VCR の取扱いの注意と保守/ビデオテープの選び方
と配慮/ビデオテープの複写と編集/特殊効果/ビデオディスクレコー
ダ/ビデオのデジタル記録)
第12章 デジタル画像処理
(はじめに/デジタル画像の構成(取込み)/画像処理装置の構造/デ
ジタル信号処理/画像解析―光強度の測定/画像解析―形態計測法/画
像処理―コンボリューション,フィルタ,変換演算/デジタル化された
画像の表示)
第13章 システム構成
(基礎システムにおける初期調整と接続/機器の選択/接続法/ノイズ
の削減/環境の配慮/ビデオ顕微鏡法の極限)