書籍検索結果 詳細表示

書名

慢性うつ病の精神療法 ―CBASPの理論と技法

筆頭著者

古川壽亮・他監訳

その他著者等

大野 裕 監訳/岡本 泰昌 監訳/鈴木 伸一 監訳

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-00099-4

発行年

2005年11月

判型 / 頁数

A5判 / 360頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/精神医学

価格

定価(本体5,500円+税)

内容

2000年に『New England Journal of Medicine』で実証的研究の成果が報告されて、俄然注目されるようになった慢性うつ病の新しい精神療法CBASP(認知行動分析システム精神療法)の実践書。これ1冊でCBASPの概要が理解できる。世界標準の診療を目指す精神科医、心理臨床家の必携書。

目次

第1部 CBASPと慢性うつ病患者の精神病理
 第1章 慢性うつ病患者の治療に際して治療者が遭遇する問題点
 第2章 慢性うつ病患者とCBASPプログラムについての序説
 第3章 慢性うつ病患者の精神病理を理解する
 第4章 経過のパターン,併存症,心理学的特徴
第2部 CBASPの方法と手順
 第5章 変化への動機付けを強化するための戦略
 第6章 状況分析の導入
 第7章 状況分析の修正段階
 第8章 行動を修正するために治療者-患者関係を用いる
 第9章 獲得学習と治療効果の般化の測定
第3部 CBASPの歴史など
 第10章 米国におけるCBASPの登場
 第11章 CBASP精神療法家のトレーニング
 第12章 Beckの認知療法やKlermanの対人関係療法モデルとCBASPとの比較
 第13章 よくみられる患者の問題と危機を解決すること
○付録
付録A 状況分析を施行するための促し質問(Therapist Prompts for
    Administering Situational Analysis;PASA)
付録B 遵守率をモニターし対人関係の質を評価するための評価尺度
付録C 最適なCBASP治療者の質と能力を評価するための評価尺度
○文献
○索引