書籍検索結果 詳細表示

書名

助産診断に基づく産婦のケア

筆頭著者

新道幸恵・編

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-00048-2

発行年

2005年11月

判型 / 頁数

B5判 / 224頁

分類

臨床看護/保健・助産/助産

価格

定価3,080円(本体2,800円 税10%)

内容

神戸大学医学部付属病院周産母子センター助産師グループの助産診断に基づく12人の産婦のケーススタディ。助産診断に基づくケアの実際をリアルタイムで展開。読者は助産診断の根拠をケースの情報・診断指標から学び、情報→アセスメント→助産診断→ケア内容の流れで誌上演習することができる。

目次

 助産診断に基づくケア論-序に代えて
 助産診断に取り組む
 周産母子センターでの助産診断
 助産診断のプロセス
助産診断に基づくケアの実際
 ケース1 重症妊娠中毒を合併したが経腟分娩となった初産婦
 ケース2 妊娠後期で妊娠を初覚した初産婦
 ケース3 11年ぶりの出産に主体的に臨んだ経産婦
 ケース4 妊娠28週で緊急帝王切開となった初産婦
 ケース5 急激な分娩経過であったが主体的な分娩ができた経産婦
 ケース6 陣痛発作が持続し児心音の低下を認めた初産婦
 ケース7 妊娠29週5日で母体搬送入院後分娩となった経産婦
 ケース8 分娩数日前に胎児の脳室拡大を知った経産婦
 ケース9 主体的な分娩ができた43歳の高年初産婦
 ケース10 夫の立ち合い分娩により満足な分娩をした経産婦
 ケース11 遷延分娩となり自信をなくしかけた初産婦
 ケース12 分娩が急速に移行したが分娩に対する満足感をもてた経産婦
索引