書籍検索結果 詳細表示

書名

痛みの声を聴け ―文化や文学のなかの痛みを通して考える

筆頭著者

外 須美夫・著

出版社名

克誠堂出版

ISBNコード

ISBN978-4-7719-0299-2

発行年

2005年10月

判型 / 頁数

四六判 / 260頁

分類

医学一般/その他

価格

定価(本体1,800円+税)

内容

人間に関するすべての領域に及ぶ痛みの声と意味を,表現者たちの作品から考える。痛みをとることに全身全霊を傾けて,日々医療に取り組む医師が語る。

目次

【序 章】痛みを考える
 1.理解されない痛み/2.痛みの表現/3.描かれた痛み
【第1章】痛みと文化
 1.国籍を持つ痛み/2.西洋の痛みの語源/3.日本語の痛みの語源
 4.足が痛い/5.西欧の心身二元論/6.日本の風土と痛み
【第2章】十九世紀の痛み
 1.キリスト教の影響/2.医学の進歩/3.十九世紀の痛みの詩/4.麻酔の始まり
【第3章】病苦の中の痛みの声-結核の痛み
 1.結核の痛み/2.脊椎カリエスの痛み[造化の力]/3.胸郭成形手術の痛み
【第4章】病苦の中の痛みの声-がんの痛み
 1.がんの痛み/2.がんの痛みと詩[草木の力]/3.がんの痛みと俳句[ユーモアの力]
 4.がんの痛みと短歌[エロスの力]/5.がんの痛みと短歌[パトスの力]/
 7.がんの痛みと詩[病者の力]
【第5章】病苦の中の痛みの声-慢性の痛み
 1.慢性の痛み/2.線維筋痛症の痛みと詩[メタモルフォーシスの力]
 3.帯状疱疹後神経痛[老いの力]/4.画家の背負った痛み[大地と宇宙の力]
 6.原因不明の痛み[いのちの力]/6.心因性疼痛障害[捨てる力]
【第6章】痛みの向こう
 1.痛みの可能性/2.物質的恍惚の中の痛み/3.最後の光に貫かれる痛み
 4.痛みに耐える無限の力
【第7章】現代社会における痛み
 1.無痛への飢餓感/2.痛みの商品化/3.排除される痛み/4.痛みのバーチャル化
 5.耐性の欠如/6.快適という不幸/8.痛みが生むトレランス-耐性-寛容
 9.痛みの抑止力/9.痛みへの希望
【最終章】痛みが扉を開く
 1.全人的な痛み/2.結ばれる痛み