書籍検索結果 詳細表示

書名

胃癌の構造 (第3版)

筆頭著者

中村恭一・著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-00138-0

発行年

2005年10月

判型 / 頁数

B5判 / 452頁

分類

臨床医学系/消化器外科

価格

定価(本体20,000円+税)

内容

胃癌はどのように発生し、どのように発育していくのか? 分化型癌と未分化型癌の違いおよび組織型分類の意味は? 胃癌の組織発生とX線・内視鏡診断の関連は? 厖大なデータをもとに精緻な論理を構築していく著者の筆致は他の追随を許さず、既に古典的名著の誉れ高い本書であるが、古典は常に新しい。胃癌の発育・進展の実相を理解せずして正しい診断・治療は望めない。胃癌の診療に携わるすべての臨床家・病理医に贈る著者渾身の全面改訂版である。

目次

I. プロローグ
II. 早期胃癌,胃癌の発生母地病変および胃癌組織発生研究の歴史的考察
III. 胃の潰瘍と癌の因果関係:潰瘍癌について
IV. 胃のポリープと癌
V. 胃癌発生の場
VI. 胃癌の組織発生
VII. 微小胃癌から導かれた胃癌組織発生の検討-一般的な大きさの癌で
VIII. 胃癌の細胞発生とその初期における癌細胞の生体生着様式
IX. 胃癌発生のまとめ
X. 胃癌の組織発生からみた胃癌の組織型
XI. 未分化型癌と分化型癌の臨床病理学的差異
XII. 胃癌組織発生の観点からの胃癌診断:
   胃底腺粘膜から発生した癌のX線・内視鏡診断
XIII. 胃癌の組織発生から導かれる胃癌の発育速度
XIV. linitis plastica型癌,その癌発生から完成までの発育進展過程:
   -linitis plastica への小径(Caminito a la linitis plastica)
XV. 胃癌組織発生からみた胃癌診断の考え方:“胃癌の三角”
XVI. 胃癌あれこれ
XVII. エピローグ
索引