書籍検索結果 詳細表示

書名

2つの顔を持つ臓器 扁桃とその病気

筆頭著者

形浦昭克・著(札幌医科大学名誉教授)

出版社名

南山堂

ISBNコード

ISBN978-4-525-37621-5

発行年

2005年9月

判型 / 頁数

A5判 / 174頁

分類

臨床医学系/耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

価格

定価(本体2,500円+税)

内容

扁桃は免疫能を持っており外敵である細菌やウイルスを防御する役割を果たすとともに、自らが感染巣でもある不思議な臓器です。
扁桃炎、扁桃肥大に代表される直接的な疾患もありますが、最近、扁桃病巣感染症(二次疾患)とよばれ、扁桃から離れた個所-皮膚、腎臓、骨関節などに症状が出る病気が話題となっています。これらは扁摘により軽減することで立証されています。
本書は、多くの診療科に跨り々な影響を及ぼす扁桃なるものを正しく理解し、診療に役立てていただくための入門書です。扁桃を甘く見ていた貴方(女)に。是非ご一読をお奨めします。