書籍検索結果 詳細表示

書名

癒しのための家族看護モデル ―病いと苦悩,スピリチュアリティ

筆頭著者

ロレイン M. ライト・著

その他著者等

森山 美知子 監訳/長谷 美智子 訳

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-00094-9

発行年

2005年9月

判型 / 頁数

A5判 / 184頁

分類

臨床看護/診療科・疾患/家族看護

価格

定価(本体2,600円+税)

内容

カルガリー家族看護モデルを作ってわが国にも名をよく知られた、ロレイン・ライトの最新作。前作『ビリーフ』で提示したモデルを発展させ、スピリチュアリティと苦悩、ビリーフの三位一体モデルを展開している。自身の体験と事例を示しながら、病いや苦しみについて患者や家族と話し合う場をもってかかわることの重要性を説く。

目次

はじめに
1 日常における苦悩とスピリチュアリティ,病い
2 苦悩についての考察と学び
3 文献にみるスピリチュアリティと病い
4 トリニティ(三位一体)・モデル
  -ビリーフ,苦悩,スピリチュアリティ
5 癒しを最大にする臨床実践-病いの会話に苦悩と
  スピリチュアリティの場を作り,受け入れる
6 苦悩とスピリチュアリティ,病いの個人領域と
  職業領域をつなぐ
エピローグ
索引