書籍検索結果 詳細表示

書名

イラストレイテッド腹腔鏡下胃切除術

筆頭著者

「がんにおける体腔鏡手術の適応拡大に関する研究」班腹腔鏡下胃切除術研究会・編

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-00098-7

発行年

2005年8月

判型 / 頁数

A4判 / 120頁

分類

臨床医学系/消化器外科

価格

定価(本体6,000円+税)

内容

腹腔鏡下胃切除術の器具・基本手技から、術式の選択とその実践的テクニック、リンパ節郭清手技、再建法、偶発症・合併症の予防・対策まで、手順・コツ・pitfallをイラストで明快に解説する画期的アトラス。さながらコマ割り的な手術野の展開は、ビジュアルに、的確にそのポイントを理解させてくれる。消化器外科医必携の書。

目次

第1章 総説
 1-1 腹腔鏡下胃切除術の現状
 1-2 腹腔鏡下胃切除術のトレーニング・システムと教育
 1-3 腹腔鏡下胃切除術の術式選択
 1-4 手術体位とトロッカー挿入
 1-5 必要な腹腔鏡下手術器具とその使用法
  1-5-a 軟部組織切離法
  1-5-b 血管処理法
  1-5-c 吻合法
第2章 腹腔鏡下胃局所切除の手技
 2-1 腹腔鏡下楔状切除
 2-2 腹腔鏡下胃内粘膜切除術
 2-3 センチネルリンパ節検索
第3章 腹腔鏡下胃切除術における腹腔鏡下リンパ節郭清手技
 3-1 D1+αリンパ節郭清(No. 6, 5)
 3-2 D1+αリンパ節郭清(No. 7, 1, 3)
 3-3 D1+βリンパ節郭清(No. 8a, 9)
 3-4 D2リンパ節郭清(No. 14v, 12a)
 3-5 D2リンパ節郭清(No. 11p)
第4章 腹腔鏡下胃切除における再建方法
 4-1 腹腔鏡補助下手術における再建
 4-2 腹腔内吻合
第5章 腹腔鏡下胃切除術の術中偶発症と合併症:予防と対策
 5-1 術中偶発症と合併症の現状
 5-2 出血
 5-3 吻合部のトラブル(狭窄,縫合不全)
 5-4 膵損傷
 5-5 脾動脈損傷・Roux-en-Y吻合後の内ヘルニア
索引