書籍検索結果 詳細表示

書名

大腸pit pattern診断

筆頭著者

工藤進英・編著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-10673-3

発行年

2005年6月

判型 / 頁数

B5判 / 204頁

分類

臨床医学系/消化器内科

価格

定価(本体12,000円+税)

内容

拡大観察に対する誤解や理解不足等により、pit pattern診断には抵抗を示す内視鏡医も存在する。本書では、その抵抗を払拭するような内容を展開。もちろん初学者にもわかるようpit pattern診断の基本から、診断に基づく治療方針、さらには将来展望まで触れ、現場で使える「pit patternの教科書」ともいえる1冊。

目次

第I章 pit pattern診断の歴史
第II章 pit pattern分類の基本
 1. 解剖学的立場からみた大腸のpit-pitとは何か
 2. pit patternの立体構築
 3. pit patternと通常内視鏡観察
 4. 拡大内視鏡観察の方法
 5. 拡大内視鏡の操作および観察のトレーニング
 -初心者・中級者のためのコツと注意点
 6. 実体顕微鏡観察
 7. pit patternにおける境界病変
 8. pit patternと病理組織の対比
 9. 大腸癌および腺腫のpit patternと形態分類
 10. 側方発育型腫瘍(LST)のpit patternの特徴
 11. pit pattern診断と癌の発育進展
 12. sm癌からmp癌における形態の急激な変化
 13. scratch signと逆噴射所見の典型像
 14. 深達度診断におけるInvasive pattern
 15. SA pattern
第III章 pit pattern診断と治療
 1. pit pattern診断に基づく腫瘍・非腫瘍の鑑別
 2. pit pattern診断に基づく深達度診断
 3. pit pattern診断に基づく治療指針
 4. pit pattern診断に基づいた治療の実際
第IV章 炎症性腸疾患とpit pattern
 1. 潰瘍性大腸炎とpit pattern
 2. colitic cancerとpit pattern
第V章 pit pattern診断の将来展望
 1. Narrow band imaging(NBI)systemを用いたpit pattern診断
 2. LCM
 3. Endo-Cytoscopy system
 4. pit pattern診断の将来
あとがき
文献
索引