書籍検索結果 詳細表示

書名

Clinical 生体機能学 ―生理学から症状がわかる

筆頭著者

當瀬規嗣・著(札幌医科大学医学部教授)

出版社名

南山堂

ISBNコード

ISBN978-4-525-12341-3

発行年

2005年5月

判型 / 頁数

B5判 / 396頁

分類

基礎医学系/生理学

価格

定価(本体6,000円+税)

内容

生理学の知識で身体の変調を読み解く教科書.
身近な症状と生体の機能を関連づけて解説。ケーススタディ形式で身近な症状から身体の変調、機能を読み解くことができる。正常機能の解説は、理解しにくい項目は詳しく、随所で解説。また、ページのサイドにキーワードやポイント解説を掲載。

目次

第I章 なぜ生体機能学を学ぶのか
生理学をわかりやすくするために

第II章 細胞の基本機能
 1.細胞機能と生体機能
 2.生体膜生理
 3.骨格筋のしくみ
 4.平滑筋のしくみ

第III章 細胞間のコミュニケーションシステム
 1.細胞機能のコントロールシステム
 2.情報システムとしての神経系

第IV章 組織器官系の機能
 1.生体のための器官機能
 2.血 液
 3.循環系
 4.呼吸器系
 5.消化器系
 6.腎泌尿器系
 7.栄養と代謝系
 8.内分泌系
 9.神経系
第V章 生体機能の変調
    生理的機能と病態
    ショック
    痙 攣
    意識障害
    失 神
    動 悸
    胸 痛
    息切れ(呼吸困難)
    咳
    めまい
    頭 痛
    不 眠
    下 痢
    便 秘
    しびれ
    むくみ
    体重減少(るいそう)
    嘔 吐