書籍検索結果 詳細表示

書名

東西医学よりみた金匱要略

筆頭著者

曽野維喜・著

出版社名

南山堂

ISBNコード

ISBN978-4-525-47461-4

発行年

2005年5月

判型 / 頁数

B5判 / 573頁

分類

臨床医学系/その他/統合医療(東洋医学他)

価格

定価(本体10,000円+税)

内容

「東西医学よりみた傷寒論」の姉妹書.
「傷寒論」と「金匱要略」は,本来「傷寒雑病論」として1冊であったものが分割され今日に至ったものである.
「金匱要略」には糖尿病,肥満症をはじめ生活習慣に基づいた疾患,婦人科疾患など「傷寒論」にはない多くの疾患が記載されている.本書は今日の診療にも十分適用できる内容を含有しているこの「金匱要略」を,西洋医学を学んできた医師,医学生にも理解しやすいように西洋医学の知識とことばで分かりやすく解説してある.
また,各項目ごとに,東洋医学的テーマ,西洋医学的テーマを掲げ,原文と和訓を対比させるなど「東西医学よりみた傷寒論」と同様親しみやすい構成となっている.