書籍検索結果 詳細表示

書名

感染症の診断・治療ガイドライン2004 ≪日本医師会生涯教育シリーズ≫

筆頭著者

日本医師会・編

その他著者等

日本医師会感染症危機管理対策室 監/厚生労働省健康局結核感染症課 監/感染症の診断・治療ガイドライン編集委員会 編

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-17519-7

発行年

2005年1月

判型 / 頁数

B5判 / 408頁

分類

臨床医学系/感染症

価格

定価(本体5,500円+税)

内容

2003年10月に公布された感染症法及び検疫法の改正案によって見直された疾病分類に準拠し,一~五類感染症に結核を加えた87疾患の診断・治療ガイドライン。全医療関係者待望の改訂新版。重症急性呼吸器症候群(SARS),ウエストナイル熱をはじめ,刻々と変化する感染症対策の動向をふまえ,日本医師会と厚生労働省が共同して監修した。

目次


監修のことば
編集のことば
監修・編集・執筆者紹介
感染症の現状
 世界の感染症の現状と WHO の感染症対策
 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律概要
 感染症法に基づく感染症発生動向調査の概要
感染症診断・治療ガイドライン
 診断・治療のポイント
  疾患別 主な症状一覧
  診断から入院までのフローチャート
  疾患群別 2 次感染予防注意一覧
 一類感染症
  エボラ出血熱
  クリミア・コンゴ出血熱
  重症急性呼吸器症候群(病原体が SARS コロナウイルスであるものに限る)
  痘そう(天然痘)
  ペスト
  マールブルグ病
  ラッサ熱
 二類感染症
  急性灰白髄炎(ポリオ)
  コレラ
  細菌性赤痢
  ジフテリア
  腸チフス,パラチフス
 三類感染症
  腸管出血性大腸菌感染症
 四類感染症
  E 型肝炎
  ウエストナイル熱(ウエストナイル脳炎を含む)
  A 型肝炎
  エキノコックス症
  黄熱
  オウム病
  回帰熱
  Q 熱
  狂犬病
  高病原性鳥インフルエンザ
  コクシジオイデス症
  サル痘
  腎症候性出血熱
  炭疽
  つつが虫病
  デング熱
  ニパウイルス感染症
  日本紅斑熱
  日本脳炎
  ハンタウイルス肺症候群
  B ウイルス病
  ブルセラ症
  発しんチフス
  ボツリヌス症
  マラリア
  野兎病
  ライム病
  リッサウイルス感染症
  レジオネラ症
  レプトスピラ症
 五類感染症
 ■ 全数把握
  アメーバ赤痢
  ウイルス性肝炎(E 型肝炎及び A 型肝炎を除く)
  急性脳炎(ウエストナイル脳炎及び日本脳炎を除く)
  クリプトスポリジウム症
  クロイツフェルト・ヤコブ病
  劇症型溶血性レンサ球菌感染症
  後天性免疫不全症候群
  ジアルジア症
  髄膜炎菌性髄膜炎
  梅毒
  破傷風
  バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症
  バンコマイシン耐性腸球菌感染症
 ■ 定点把握
  RS ウイルス感染症
  咽頭結膜熱
  A 群溶血性レンサ球菌咽頭炎
  感染性胃腸炎
  水痘
  手足口病
  伝染性紅斑
  突発性発しん
  百日咳
  風しん,先天性風しん症候群
  ヘルパンギーナ
  麻しん(成人麻しんを除く)
  成人麻しん
  流行性耳下腺炎(ムンプス)
  インフルエンザ(高病原性鳥インフルエンザを除く)
  急性出血性結膜炎
  流行性角結膜炎
  性器クラミジア感染症(男性)
  性器クラミジア感染症(女性)
  性器ヘルペスウイルス感染症(男性)
  性器ヘルペスウイルス感染症(女性)
  尖圭コンジローマ
  淋菌感染症(男性)
  淋菌感染症(女性)
  クラミジア肺炎(オウム病を除く)
  細菌性髄膜炎
  ペニシリン耐性肺炎球菌感染症
  マイコプラズマ肺炎
  無菌性髄膜炎
  メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症
  薬剤耐性緑膿菌感染症
 結核
  結核
付録
 ■ 検査法
 抗原,抗体法
 培養,同定
 DNA 診断とその臨床応用
 検体の採取方法,送付方法
 ■ 消毒方法
 一類,二類,三類微生物の消毒方法
 消毒・滅菌の概要
 消毒薬一覧
 ■ 治療薬選択
 抗菌薬の使い方
 各抗菌薬の概説
 ■ 資料
 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
 感染症に関する連絡先一覧
参考文献