書籍検索結果 詳細表示

書名

感応精神病

筆頭著者

柏瀬宏隆・著(医療法人碧水会長谷川病院・院長)

出版社名

新興医学出版社

ISBNコード

ISBN978-4-88002-642-8

発行年

2004年11月

判型 / 頁数

B5判 / 166頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/精神医学

価格

定価(本体4,500円+税)

内容

「親密な結びつきのある人々の間で、一人の精神障害者の妄想や異常行動が、他の一人または一人以上に伝達される精神障害」が感応精神病である。
本書は、現在のわが国で「感応精神病」の第一人者である著者が、現在までに発表した論文を見直して再編集された論文集である。

目次

第1章 感応精神病について─大都市における自験の4例の報告─
第2章 感応精神病に関する臨床的研究─自験の8例と本邦の報告例の検討─
第3章 感応状態(感応精神病、二人組精神病)─自験例と本邦の報告例の検討─
第4章 感応精神病(感応性妄想性障害)
第5章 感応精神病からみた「家族の問題」
第6章 症例報告(興味ある報告)
第7章 原著の紹介
付録 集団ヒステリ-─自験例と本邦の報告例の検討─