書籍検索結果 詳細表示

書名

死と身体 ―コミュニケーションの磁場 ≪シリーズ ケアをひらく≫

筆頭著者

内田 樹・著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-33366-5

発行年

2004年10月

判型 / 頁数

A5判 / 248頁

分類

看護その他

価格

定価(本体2,000円+税)

内容

コミュニケーションは<ことば>の外にある。病んだ人の前に立つとすぐわかる。身体の声が聞こえるから。ときには死者でさえも語りかけてくるから――。「誰もが感じていて,誰も言わなかったことを,誰にでもわかるように語る」著者の,教科書には絶対出ていないコミュニケーション論。

目次

わかりにくいまえがき
第1章 身体からのメッセージを聴く
第2章 表現が「割れる」ということ-身体と記号
第3章 死んだ後のわたしに出会う-身体と時間
第4章 わからないままそこに居る-身体と倫理
第5章 死者からのメッセージを聴く
あとがき