書籍検索結果 詳細表示

書名

薬と精神症状 (改訂第3版)

筆頭著者

阿部和彦・著(産業医科大学名誉教授)

出版社名

新興医学出版社

ISBNコード

ISBN978-4-88002-472-1

発行年

2004年7月

判型 / 頁数

A5判 / 106頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/精神医学

価格

定価(本体2,500円+税)

内容

本書は、身体疾患や精神疾患に用いられるごくありふれた薬が、不幸にして患者の行
動や精神状態に悪影響を及ぼしたケースの物語である。
臨床医に一読を勧める好著の改訂第三版。

目次

第1章 薬物の代謝と副作用の個人差
第2章 薬による幻覚 (1)
第3章 薬による幻覚 (2)
第4章 抗パーキンソン病、抗コリン剤、抗うつ薬、抗結核病、インターフェロンなど
第5章 「胃の薬」と症状 (1)
第6章 「胃の薬」と症状 (2)
第7章 「じっと座っておれない」話
第8章 ベンゾジアゼビン系薬物
第9章 ベンゾジアゼピン系薬物の離脱症状
第10章 ベンゾジアゼピン系薬物を控える話
第11章 抗てんかん剤でイライラ、興奮が起こる話
第12章 薬が原因ではないかと疑ったら…
おわりに