書籍検索結果 詳細表示

書名

DVと虐待 ―「家族の暴力」に援助者ができること

筆頭著者

信田さよ子・著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-33183-8

発行年

2002年3月

判型 / 頁数

A5判 / 192頁

分類

臨床看護/保健・助産/保健

価格

定価(本体1,800円+税)

内容

なぜ虐待された子は親を慕い,殴られた妻は夫のもとに戻るのか--この「当事者性の不在」という“謎”解きから始めない限り,援助者は家族の暴力に太刀打ちできない。「味方になる」「第三者を登場させる」「数と時間の効果」等の魅力的な概念を駆使して贈る,まったく新しいアプローチの数々。

目次

I 家族の暴力
 前提(1) 「家庭内暴力」
 前提(2) 児童虐待
 前提(3) ドメスティック・バイオレンス
II エピソードにみる被害者-当事者性とはなんだろうか
 事例(1) 鼻の曲がったA子さん
 事例(2) 日本刀を振り回す夫から逃げられないB子さん
 事例(3) 長男に連れられてきたC子さん
III こう介入する
 介入(1) 介入は正当だ
 介入(2) 介入の基本
 介入(3) 被害者への介入方法-DVを中心に
 介入(4) 加害者への介入方法-虐待を中心に
 介入(5) これだけは覚えておきたい七箇条
IV 暴力を解くキーワード
 キーワード(1) 「1人」はあぶない
 キーワード(2) 「2人」もあぶない
 キーワード(3) 「第3者」を登場させる
 キーワード(4) 「仲間」をつくろう
V 援助者側の問題-わたしたちは何に縛られているのか
 転換(1) 中立はない
 転換(2) プライバシーは被害者を守らない
 転換(3) 家族は暴力と支配に満ちている