書籍検索結果 詳細表示

書名

イラスト小児の生活援助 ―病院・家庭におけるケアの徹底図解―子どもにかかわるすべての人に

筆頭著者

木口チヨ・他編著(元埼玉県立小児医療センター)

その他著者等

小林八代枝

出版社名

文光堂

ISBNコード

ISBN978-4-8306-4624-9

発行年

2001年12月

判型 / 頁数

B5判 / 360頁

分類

臨床看護/診療科・疾患/小児看護

価格

定価(本体3,800円+税)

内容

子どもに関する生活援助技術を,わかりやすいイラストを多数用いて,多角的・総合的に解説.虐待への対応や在宅療養への援助なども取り上げられている.小児科のナースをはじめ,子どもにかかわるすべての方に読んでいただきたい書.好評の「イラスト小児対症ケア}の姉妹編.2色刷.

目次

第1章 子どもの権利と健康な日常
 1.人権保障としての健康と生活
 2.子どもの権利
 3.インフォームド・コンセントと権利保障
第2章 子どもの日常生活援助に必要な要素
 1.子どもの成長・発達
 2.環 境
 3.コミュニケーション
 4.栄 養
 5.遊 び
 6.安 全
 7.社会環境の変化と子育て支援
第3章 子どもの日常生活における援助
 1.栄養・食事
 2.睡 眠
 3.排 泄
 4.衣 服
 5.清 潔
 6.住居環境
 7.健康の増進
 8.安 全
 9.遊 び
第4章 虐待が疑われる時の子どもとその家族への援助
 1.子どもの虐待
 2.虐待に気づくために
 3.虐待を疑ったら
 4.発見から援助まで
第5章 初めての入院のための援助
 1.入院環境に適応するための援助
 2.治療・処置・検査に対する援助
 3.疾病をもつ子どもの日常生活の変化に対する援助
 4.家族への援助
 5.ファミリー・ハウス
 6.セルフヘルプグループ
第6章 入院・症状に対するケア
 1.栄養(食事)が通常に摂取できない場合
 2.排 泄
 3.清 潔
 4.衣 服
 5.睡 眠
 6.遊 び
 7.学 習
 8.病室の環境
 9.安 全
10.症状の緩和
11.救急蘇生法(心肺蘇生法)
第7章 在宅療養に対する支援
 1.在宅療養に向けて
 2.在宅療養と入院治療との違い
 3.入院中の日常生活支援から在宅療養に向けてのアセスメント
 4.入院中の計画と実施
 5.退院後の計画と実施
 6.社会資源の活用
第8章 クオリティ・オブ・ライフの向上をめざして―小児看護婦の役割
 1.子どもを取り巻く環境の急激な変化
 2.子どもの最善の利益を考えて
 3.日常生活を支援する看護
 4.小児専門看護師の導入について
 5.最後に
資 料
 1.小児看護領域で特に留意すべき子どもの権利と必要な看護行為
 2.児童の権利に関する条約