書籍検索結果 詳細表示

書名

物語としてのケア ―ナラティヴ・アプローチの世界へ ≪シリーズ ケアをひらく≫

筆頭著者

野口裕二・著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-33209-5

発行年

2002年5月

判型 / 頁数

A5判 / 216頁

分類

看護その他

価格

定価(本体2,200円+税)

内容

「語り」や「物語」を意味する<ナラティヴ>。人文諸科学で衝撃を与えつづけているこの言葉は,ついに臨床の風景さえ一変させた。臨床の物語論的転回はどこまで行くのか。「精神論vs.客観主義」「ケアvs.キュア」という二項対立の呪縛を超え,新しいケアがいま立ち上がる。

目次

I
 第1章 言葉・物語・ケア
 第2章 物語としての自己
 第3章 物語としての病い
II
 第4章 外在化とオルタナティブ・ストーリー
 第5章 「無知」のアプローチ
 第6章 リフレクティング・チーム
III
 第7章 三つの方法
 第8章 新しい専門性
 第9章 ナラティヴ・コミュニティ
IV
 第10章 物語としてのケア