書籍検索結果 詳細表示

書名

病んだ家族、散乱した室内 ―援助者にとっての不全感と困惑について ≪シリーズ ケアをひらく≫

筆頭著者

春日武彦・著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-33154-8

発行年

2001年9月

判型 / 頁数

A5判 / 224頁

分類

看護その他

価格

定価(本体2,200円+税)

内容

一筋縄ではいかない家族の前で,われわれ援助者は何を頼りに仕事をすればいいのか。罪悪感や無力感にとらわれないためには,どんな「覚悟とテクニック」が必要なのか――空疎な建前論や偽善めいた原則論の一切を排し,「ああ,そうだったのか」と腑に落ちる発想に満ちた話題の書。

目次

I 「家」という異界-援助者が家庭に足を踏み入れるとき

II 家族という不思議な存在-援助者が家族と向き合うとき

III 精神病を理解する◆実用篇-援助者が味わう不安と疑問について

IV 意外な成り行き、望外の展開-援助者にとっての「幸運」とはなにか

解答篇